洋服の裾のほつれも塗るだけで簡単にお直しできる!『裁ほう上手 スティック』これ1本におまかせ!

 

スカートやズボンの裾がほつれてしまうとだらしない。しかし針と糸を取り出してチクチクと直すのはかなり面倒・・・。そんな時に針と糸がなくても簡単にお直しができてしまう『ボンド 裁ほう上手 スティック』。これがあれば、ちょっとしたお直しだけでなく、何かをちょっと作りたい時にもかなり重宝する。今回はお気に入りのスカートの裾がほつれてきてしまった・・・。そんな時に使ってみた!

 

ほつれ直しも自分で出来る!塗るだけなら簡単!

お気に入りのスカートやパンツの裾がほつれてきてしまった。「針と糸、うまく使いこなせないんだよな…」「同じ色の糸買ってくるのは面倒だな…」

主な用途は、ズボン・スカートなどのすそ上げ・直し、布同士の接着、ポーチなどの小物制作。

そんな時にコニシ株式会社(東京都千代田区)の布用接着剤『裁ほう上手 スティック』(参考小売価格 税抜330円・6ml)を使って簡単に直してみよう。

見た目の通りスティックのりのような形をしている。

使い方も簡単。下の部分をくるくると回して、スティック部分を3㎜くらい出すのがポイント。


スルスルと塗布することが出来、アイロンでの接着は不要。ポイントは貼り付けたい布の両面に塗ること。塗った後は24時間放置すること。強力接着なので、洗濯・ドライクリーニングもOK。

ほつれを直したい部分に、ムラなく均一になるように塗る。たっぷりと塗りすぎると、生地が硬くなりすぎたり、表面にのりが出てしまったりするのでそこは気をつけよう。貼り合わせたい部分の布の両面に塗る。

生地が接着するように手でしっかりとおさえる。

貼り合わせたら、重量のあるものをのせておこう。本などの平らなものがベスト。約24時間放置すればしっかりと接着する。

スカートのほつれ直しが完了。


表から見ても、貼り合わせているのが分からない綺麗な仕上がり。

よく動き回る子供達の洋服や、制服のほつれなど、お裁縫で直すと時間も手間もかかるところ。そんなちょっとしたお直しに、スティックのりを使うように貼り合わせて時間をおくだけ。手が汚れにくいのもいいところだ。『裁ほう上手 スティック』を裁縫箱に1本持っていれば、きっと役に立つだろう。手芸店・ホームセンター・コンビニ・スーパーにて発売中。

 

薄手の生地、撥水加工など特殊加工を施した生地、凸凹のある生地、毛足の長い生地、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、シリコーン樹脂、フッ素樹脂、貴金属、高価格品(スーツ・ドレス等)は接着出来ないので注意を。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

商品開発の経験あり。ライター歴10年以上。料理やアートワーク、写真が得意。文房具好き。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック