特別感のある金銀系ふせん! 『ポスト・イット フィルムインデックス 厚口 メタリックカラー』

ありそうでなかった! キラキラ光るインデックス

 

「ポスト・イット フィルム」シリーズ初となるゴールド、シルバー、メタリックなどの新色が登場した。かっこいいメタリックカラーでインデックスをキラリと目立たせる『ポスト・イット フィルムインデックス 厚口 メタリックカラー』。合わせて同時登場した『ポスト・イット フィルム見出し マルチカラー/インデックス 厚口 マルチカラー』とともに紹介する。

 

カラーバリエーションが豊富な『ポスト・イット フィルム」シリーズ

3M、Post-it、ポスト・イットは、3M社の商標です。

スリーエム ジャパンが手掛けるポスト・イット ブランド。人気の貼って剥がせる付箋の代名詞的存在で、とにかく種類が豊富だ。そんなポスト・イット ブランドでは「Color Your Story」を展開中。色の持つ不思議な力に着目し、たくさんのカラーバリエーションから、8通りに配色した製品をラインアップしている。

今回ご紹介するのは第2弾(2021年6月1日発売)とした発売されたフィルム製品。

  • ポスト・イット フィルム見出し マルチカラー 8種
  • ポスト・イット フィルムインデックス 厚口 マルチカラー 8種
  • ポスト・イット フィルムインデックス 厚口 メタリックカラー 2種

全部で18種類もの新商品が登場している。

 

実ははじめて! メタリックカラーのインデックス!

中でも、注目すべきなのがこれまでなかったメタリックカラーのインデックス、『ポスト・イット フィルムインデックス 厚口 メタリックカラー』(全2種・希望小売価格 税込396円)。ノート、本、手帳などに、キラリと輝くカラーで目印をつけていこう。

38㎜×25㎜

ゴールドとシルバー(ホログラム)の組み合わせは、高級感や特別感がある。

マゼンダとブルーのメタリックカラーも金属のような光沢感。1色につき12枚入り、合わせて24枚分入っている。

フィルムタイプのいいところ!

1枚ずつ片手で簡単に取り出せるポップアップタイプ。作業の手を止めることなくサッと取り出し、1枚ずつ貼ることができる。ちょっとしたケースに入っているような感覚だから、汚したり折れたりせずに持ち運べるのもいいところ。

やや厚みのあるしっかりめのフィルムで、丈夫さと破れにくさを兼ね備えている。持ち運びや長期間の保管が必要な書類の目印としておすすめだ。

インデックスとして使用できるのはもちろんのこと、ゴールドやシルバーは他よりもさらに目立たせることができる。重要なポイントや特別なことが書いてあるページなどに使うといいかもしれない。

またこのフィルムタイプは、貼り直しも可能。紙にしっかりと貼りつきながも、スルっとキレイに剥がすことができる。

油性ペンなどで文字を書き込むことももちろん可能。自分の使いやすいようにアレンジしていこう。

 

色を選び、色をプラスする楽しみを! 豊富なカラー展開は要チェック!

40㎜×18㎜ 10枚×3パッド

その他の新商品も一気にご紹介! こちらもインデックスに使える『ポスト・イット® フィルムインデックス 厚口 マルチカラー』(全8種・希望小売価格 税込484円)。先ほどのメタリックカラーよりもやや小さいサイズになる。

定番サイズのフィルム付箋『ポスト・イット フィルム見出し マルチカラー』(全8種・希望小売価格 税込440円)。ボーダー柄が入っているものもある。

貼ると下が透けるので、文字や絵の上に貼れる。文字も書き込むことができるので、マーカーを引きたくない本やノートなどのハイライトに使ってみよう。

学校、オフィス、家庭など、あらゆるシーンで使い道のあるポスト・イットフィルムふせん。こんなにカラー展開があることに改めて驚いた。自分のお気に入りの色が入ったセットを選ぶ楽しさや、文具のカラーコーディネートしたい時などにも自分好みのカラーが見つかりそう。付箋を活用することは、目の前にある情報だけでなく、頭をすっきりとまとめていくことにも繋がっていく。目立つメタリックカラーや、自分の好きな色を選んで、ポスト・イット®をどんどん活用していこう。全国の文具店で発売中。

 

あわせて読みたい:ふせんは色の機能を意識するとデキる人になれる!? 『ポスト・イット 強粘着ふせん マルチカラー』

 

あわせて読みたい:消しゴムも推し色で選ぶ! 『エアイン ネオンカラー』の軽くてカラフルな消し心地

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック