お茶じゃなくてもトクホ!『特定保健用食品 サントリー「大人ダカラ」』はほんのり甘さが欲しいわがままな大人向け飲料

一日の摂取量目安は1本なので飲みやすく、分かりやすい。

 

トクホと言えば2013年に発売されたサントリー緑茶「伊右衛門 特茶」が有名。飲むだけで体脂肪を減らす助けとなる効果は多くの人に希望を与えた。だが、人とは欲張りなものでお茶ではなくいつも飲む飲料でトクホが欲しいと思うようになったのだ。そんな声に応えたのが『特定保健用食品 サントリー「大人ダカラ」』。甘い飲料で健康になりたいとは甘やかしすぎではないだろうか。

 

レモン味が美味しい清涼飲料水。これでトクホとは恐れ入った。

広告にはホリエモンが抜擢されており、“二兎追うものは、三兎を得る。”のキャッチフレーズを謳っている。どうしてホリエモンなのかと疑問に思ったが、ホリエモンは実業家コンサルタントでロケット開発者でタレントで、と多くの肩書を持つ人。

何でもやりたいこと行い、欲しいものを手にする姿勢が今回の商品コンセプトに重なっているのかもしれない。記者は決してホリエモンを欲張りな人間だとは思わないが、1つの肩書きに縛られる現代社会からすればそう見えるのも致し方ないのだろう。

あわせて読みたい:体脂肪を分解し減らす「トクホ」の美味しい緑茶が誕生! サントリー『伊右衛門 特茶』10/1新発売

サントリー食品インターナショナルが今回発売する『特定保健用食品 サントリー「大人ダカラ」』(350mlPET・希望小売価格 税抜160円・2018年9月25日発売)は、そんなホリエモンに負けないくらい欲張りな、お茶ではなく普段口にする甘い飲料でもトクホが欲しいという声に応えた商品。

甘いと言うことは基本的に糖類が含まれており、(成分にもよるが)大量に摂取をすれば当然脂肪へと変わる。そういう点ではこの商品は明らかに矛盾しているのだが、トクホを取得している以上その効果は証明されているのでツッコんだ所で意味はない。

つまり、甘い飲料でも脂肪を減らす助けとなることは可能だと証明した夢のような商品と考えた方がよっぽど人生を豊かにしてくれる。いずれ販売されるすべての飲料水がトクホとなることもあり得るのかもしれない。

『特定保健用食品 サントリー「大人ダカラ」』に使用されている体脂肪を減らす助けとなる成分はケルセチン配糖体と呼ばれるもので、原材料名には酵素処理イソクエルシトリンと記述されている。「伊右衛門 特茶」などにも使用されているお馴染みのものだ。

甘さの正体はスクラロース。

レモン味だが果汁は使われていない。蓋を開けると香りはほんのりとある程度だ。

ゴクッと喉を鳴らすと、意外にも酸味が強くてほどよく甘い。レモン味が好きな人にもおすすめできる甘酸っぱさだ。

後味はキュッと締まるので甘ったるさが残らずさっぱり味なのが嬉しい。なるほど、これはゴクゴクと飲み干せそうだ。

 

パッケージは従来の「DAKARA」とは真逆の黒色。金色の帯を上下に配することでトクホの効果を演出している。

1本当たり350mlPETだが、高さは500mlPETと同じ。胴回りがスマートになっていて腹回りの脂肪を減らすイメージを演出しているのだろう。カバンに入れやすいし持ちやすいので目的はどうであれ嬉しい。

 

全国のスーパー、コンビニなどで発売中。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック