流行りのボタニカルコスメもやっぱり日本製がいい!『リシャン ホワイトクレイ洗顔フォーム』は18種類の天然植物由来成分入り!

植物由来の成分配合の「ボタニカル」コスメが大人気! 『リシャン ホワイトクレイ洗顔フォーム』はボタニカルコスメの中でも、日本製コスメ&お手頃価格という気になるアイテム。さっそく使ってみて、その使用感を確かめてみた!

 

人気のボタニカルコスメとは?「リシャン」シリーズが人気な理由

シャンプーで一躍人気に火が付いた「ボタニカル」と名の付くコスメたち。今、ドラッグストアやコスメショップには「ボタニカル」の文字があふれている。ボタニカルとは「植物性の」という意味で、植物由来の成分が配合されたアイテムを指し、「なんとなくお肌や身体に良いんだろうな」と思って購入している人は多い。

 

アイスタイル株式会社(東京都港区)は、万能油とも呼ばれる国産の良質な「馬油」をはじめ、日本製の安心できる素材を中心に使用した化粧品・健康食品などの製造販売を行っている会社。ボタニカルだから安心できる、とは限らない今の時代だからこそ興味が惹かれるアイテムを多数生み出している。

新発売の『リシャン ホワイトクレイ洗顔フォーム』(130g・希望小売価格 税抜500円・2018年6月1日発売)は、汚れ吸着成分「ホワイトクレイ」を配合した、植物由来成分を贅沢に使用したボタニカル洗顔フォーム。日本製で無着色だから、敏感肌の人にもおすすめのアイテムだ。

春夏は気温の上昇によって皮脂バランスが乱れがちで、しかも敏感肌&乾燥肌の記者にとっては、PM2.5や黄砂などお肌の天敵が押し寄せてつらい時期。刺激が少なく、それでいて汚れもきれいに落としてくれる、お肌にやさしい洗顔を見つけたいところだ。

『リシャン ホワイトクレイ洗顔フォーム』は、植物ステロールやミネラル類などの栄養素が豊富に含まれた汚れ吸着成分「ホワイトクレイ」を配合した洗顔フォーム。炭が毛穴に詰まった汚れや余分な皮脂を吸着し、ざらつきの元となる角質までしっかり吸い上げてくれるという。

 

さらに18種類の天然植物由来成分配合。植物性のセラミドも配合されているから、うるおい逃がさずにしっとり感をキープ。洗顔した直後から乾燥し始めるお肌を、うるおいの膜が守ってくれるらしい。夏もエアコンによる乾燥が気になるので、うるおいは絶対にキープしたい!

 

『リシャン ホワイトクレイ洗顔フォーム』を実際に使ってみた!

『リシャン ホワイトクレイ洗顔フォーム』はチューブタイプ。朝晩2回使用するとして、1カ月分くらいの容量に見える。これで500円(税抜)というから、ボタニカル系の洗顔フォームとしてはかなりお手頃価格だと思う。

中身を手のひらに出してみると、真っ白な洗顔フォーム。クリーム状の時点できめ細かさがわかる。さくらの香りということだが、さくらの葉の強い香りはなく、さりげない植物系の香りがする。アロエの香りに近いかも。

少量のお湯と混ぜて泡立ててみると、弾力のあるしっとりとした泡になる。泡立てネットなどを使用すると、もこもことたっぷり泡立つから肌を傷つけずに洗顔できた。刺激はまったくなくて快適。

いつも通り洗顔した後、洗い流すと肌表面がスッキリしているのにうるおっているのがわかる。美容液配合の洗顔フォームなどは洗った気がしないからイヤだという人もいると思うが、『リシャン ホワイトクレイ洗顔フォーム』はさっぱりするけれどうるおいもある感じだった。

実際に使ってみると、泡立ちの良さも洗い上がりのうるおいも満足。個人の感覚ではあるが、2000円近くする大手化粧品ブランドの洗顔料よりも、洗い上がりのさっぱり感とうるおいのバランスが良いように感じられた。これはかなりお買い得でおすすめ。

『リシャン ホワイトクレイ洗顔フォーム』は、全国のドラッグストアやコスメショップなどで2018年6月1日より新発売。公式オンラインショップもあるから、ぜひチェックしてみて。なんだかお肌の調子が気になる、乾燥肌を何とかしたい、そんな悩みを持っている人はぜひ一度おためしを。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック