ほんのりアボカド&チーズの絶妙な限定風味『じゃがりこ アボカドチーズ』にカンパイ!

頃に限定再発売されて感動した大人気の変わり味じゃがりこ。それがアボカドチーズだった。あれから半年弱、またしてもコンビニの棚でカルビー株式会社(東京都千代田区)による『じゃがりこ アボカドチーズ』(52g・実勢価格 税抜152円)を再発見してしまった。

製造が2014年12月ということは、再々発売ということか!? 自分だけでなくおそらく支持が高かったに違いない。半年を待たずしての再登場である。もう、定番化してしまえばいいのに……。

IMG_9953

パッケージはアボカド・グリーン。
記憶には「とてもおいしかった」というイメージはあるが、限定だったためにリピートする間もなく、再入手できなかったシロモノ。人気の高い脱力キリン・キャラがつぶやいている「食べだしたらキリンがない」のおやじギャグも同じだし、定番の変わりバーコードが「アボ華道」だったのも記憶にあるから、まったく同じ仕様での再発売なのだろう。

フタをめくってもアボカドの香りがぷんと……するわけでもない。そもそもアボカド自体もほんのり青臭さが遠くにあるような、香りの強いものでもないし、当然か。チーズの風味が強いかというと、中和されているようで、ほんのりチーズ臭がするのみ。

IMG_9961

さあ、ガリガリと行こう。角度を歯に直角にすればするほどガリッ感は高まる。斜めにすれば少し弱まる。一本ずつ指でつまんでいただこう。ポテトチップス全体に言えることで、ことじゃがりこに関してはとくに思うのだけれど、まとめてガサッと掴んで口に運ぶのは個人的には無粋だと思う。
口の中も傷だらけになるし、せっかくの食感も台無しになってしまう気がするのだ。

IMG_9965

一本をガリガリと食していくとほんのり確かに香るアボカドふうの青臭さ。そこにチーズがくわわってマイルドに香ばしい味わいとなる。もともとアボカド=チーズのタッグは、クックパッドで検索すれば5000ヒット以上する黄金の組み合わせ。まずいはずがない。

IMG_9966

正確に言うとアボカド=チーズ+ポテトというどう転んでも美味しい組み合わせとなる。何とも絶妙なバランス感の上に成り立っているこの風味、ダブル・アンコールされたのは実にうなずける。ビールでもコーラでも何でも、炭酸飲料系ならピッタリくること間違いなし!

IMG_9970

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイト:じゃがりこ アボカドチーズ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック