キャップコップの発展型『キャップラス』なら、しずくが垂れることもない!

にご紹介した「キャップコップ」の発展型。機能がプラスされて、その名も『キャップラス』である。

まずは「キャップコップ」の記事をお読みいただきたい。

 

 

「キャップコップ」唯一の弱点として、使用後にしずくが垂れる恐れがあったが、『キャップラス』はそれを解消! ボトルを開けやすい、直飲みしないから衛生的という2大機能は維持しつつ、パーフェクトな製品に発展した。何のことはない、パーツを2つに分けて、キャップオープナーとコップとしての機能をそれぞれに持たせたのだ。オープナーは受け皿になっており、使用後のコップ内側が密封される構造である。

IMG_7527

たとえジュースを飲んでコップがべた付いても大丈夫。キュッと閉じておいて、あとで洗えばいい。ロック機構は無いが、コップは受け皿にピタリとはまるので、強くぶつけない限り外れたりはしないだろう。コップ内側に、その日飲むサプリメント等を入れて出かけることもできる。

IMG_7530

IMG_7532

 

 

『キャップラス』がこれだけパーフェクトなら、「キャップコップ」は要らないのでは?

そう思ってしまいそうだが、さにあらず。

『キャップラス』の場合、いざドリンクを飲む際にはボトルとキャップとコップ、計3つのパーツに分かれることになる。だが人間の手は2つ。つまり移動中だとか車の中だとか、キャップを置いておけるスペースが無いシチュエーションでは、「キャップコップ」に軍配が上がる。シンプルさの勝利だ。

そして価格差もある。「キャップコップ」の200円(税別)に対して、『キャップラス』は450円(税別)と2倍強。購入検討する際は、これら特徴を理解した上で選んでいただきたい。

 

 

IMG_7541

メーカーであるウェルビー株式会社は、防災用のペットボトル飲料水に装着しておいて、防災時の簡易コップとしても役立ててほしいと提案している。確かに衛生的で、なかなか使える商品であると記者は感じた。

安心の日本製、耐熱120℃でホット飲料への使用も可。購入は全国の量販店もしくは、メーカー公式オンラインショップにて。

[rakuten]well-be:10000109[/rakuten]

公式サイト:ウェルビー株式会社 WEB SHOP(楽天)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

編集部

編集部

気になる新商品をあなたに代わって検証します。情報提供はこちらまで。オフィスは東京都新宿区。ライター、カメラマン随時募集中。

この記者の記事一覧

トラックバック