冬の限定らしいイチゴクリームたっぷりのチョコレートケーキ「あまおう」のコンフィチュール入り、森永『あまおうケーキ』

まい、まるい、おおきい、うまい、の頭文字を取ってネーミングしたという福岡県産のイチゴ「あまおう」。その「あまおう」を使ってコンフィチュールにし、それを使ったストロベリークリームをケーキでサンドし、さらにチョコレートでコーティングしたケーキが、この森永『あまおうケーキ』である。

コンフィチュールというのは、言葉は難しいが、要するにジャムのこと。このような、イチゴたっぷりのチョコ菓子は、冬限定の定番お菓子である。12月3日に全国で発売開始で、今月の下旬には販売を終了する。そろそろ急がないと、入手が困難になるかもしれない。

1

パッケージを開けてみると、中の包装が、赤くて大きくて、まるで「あまおう」のよう。読者の皆様もきっと感じていることだと思うが、この手のチョコレートケーキやチョコパイに、驚きを期待してはいけない。どんなに美味しかろうが、おおよそ想像の範囲の出来事だし、決してマズイということはない。逆に言うと、そうであることが、きっと凄いことなのだ。

どんなに多種多様なバリエーションを作ろうとも、いつも期待通りの美味しさになる。「あまおう」というアイキャッチを使いながらも、やはりこのチョコレートケーキも、美味しいし、その美味しさは想像できる範囲にしっかりと入っている。ストライクゾーンは絶対に外さないのだ。

2

というわけで、この『あまおうケーキ』も、記者がとやかく言うまでもない。あえて表現するなら、いちごクリームは思ったよりもフワフワに作られていて、その一方で、しっとりソフトケーキの生地は、意外としっとり感が軽い。

3

それよりも、むしろ今回、記者が驚いたのは、このケーキのカロリーである。このケーキ1個で169kcalもある。ついつい2~3個もパクパクと食べてしまうと、それだけで507kcalにもなってしまうのだ。摂取カロリーの少ない女性なら、下手をしたら一食分くらいのカロリーになってしまう。食べすぎには要注意だ。

4

森永の『あまおうケーキ』は、一箱に、このケーキが6個入って、標準小売価格300円。一箱全部食べると、堂々の1014kcal。比べることに全く意味はないが、1ケースの摂取カロリーが1000kcalを超すのは、記者の記憶が正しければ、ペヤング超大盛やきそば「ハーフ&ハーフ」以来のことではないだろうか。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック