もっと手軽に、少量から使いやすい『万能白みそボトル』で西京焼きを作ってみよう

 

お味噌を使う時の計量や洗い物の手間を少しでも減らせたら…そんな時に便利なのが『万能白みそボトル』。ソフトボトルで簡単に押し出せて、量の加減がしやすく少量からでも使いやすい。お鍋や器に直接押し出すことができ、すぐに溶かせるので、味噌漉し器なども不要。お味噌汁はもちろんのこと、白みそを使ったメニューも手軽に作れる。今回は鮭の西京焼きを作ってみよう。

 

白みそをもっと身近に、使いやすく!

ますやみそ(広島県)は、みそ、調味みそをはじめ、糀や甘酒などを手がけるメーカー。選りすぐられた米・大麦や大豆の中からさらに入念に素材を選別。徹底した衛生管理のもと、味噌づくりの要となる麹づくりを行っている。

『万能白みそボトル』(300g・希望小売価格 税込298円・発売中)

 

片手でパパッと使えて、計量や道具要らず

マヨネーズやケチャップと同じようなソフトボトルに入った『万能白みそボトル』。片手でも使いやすく、素材に馴染ませやすいやわらかさなので料理の味付けにも使いやすい。

ワンタッチで開閉できるキャップ。

 

なめらかなペースト状で料理に使いやすい

ボトルを握るように押し出すだけで、なめらかなペースト状の白みそが取り出せる。

みそは厳選した材料を使用して入念に仕込んだもの。原材料は、米、大豆、還元水あめ、食塩、砂糖など。だし入りのお味噌とは違うので、まろやかな麹の甘みをそのまま楽しむことができる。

熟成期間が短いので塩分濃度が低く、まろやかな味わい。甘みがあるので、そのまま野菜スティックなどにつけて食べたり、マヨネーズと混ぜたりしてもおいしく頂ける。

 

白みそを使ったメニューを作ってみよう

今回は『万能白みそボトル』を使って鮭の西京焼きを手軽に作ってみよう。西京焼きは、京都の伝統的な料理のひとつで、白みそに肉や魚を漬け込んで焼いていく。

 

西京焼きの漬け込みたれが簡単に作れる

白みそ、みりん、砂糖をよく混ぜ合わせて漬け込みだれを作ろう。もともと『万能白みそボトル』には還元水あめ、食塩、砂糖が加えられているので、そのまま使用してもさっぱりとした甘めの仕上がりに。

なめらかな白みそだからこそ、簡単に混ぜ合わせることができ、漬け込みたれづくりも簡単。

あとは袋やラップを使って、魚に漬け込むだけ。漬け込み時間はお好みで。30分程度でもおいしく仕上げることができる。

焼く時は焦がさないように、フライパンにくっつかないアルミシートなどをひいて、弱火でじっくりと焼いていこう。

 

おうちで簡単調理! ふっくらおいしい鮭の西京焼き

ふっくらと焼きあがった鮭の西京焼き。サッと漬け込んだだけでも、鮭のおいしさを引き立てるやわらかな味わい。

ほんのりと甘く、ちょうどいい漬け込み加減。忙しい朝のお弁当作りにも、片手でパパッと白みそが使えるので時短で簡単。

 

まろやかな白みその味わいを手軽に

お味噌汁だけでなく、いつものメニューにコクや旨みをプラスする調味料としても活用してみよう。簡単な和え物を作ったり、ホワイトシチューの隠し味に加えてみたり。ボトルタイプだからこそ、今までよりも料理の幅が広がるはず。

その名の通り万能に使える『万能白みそボトル』は、全国のスーパーや公式オンラインショップなどで発売中。

 

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエイター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック