富良野にんじんのミックスジュースができた! 『富良野にんじんとこだわり野菜100』で大地の恵みをギュッ!

 

野菜不足だからジュースを飲んで補おうと思っても、毎日飲みたくなるようなお気に入りは、なかなか見つからない。そんな人には嬉しい、また飲みたくなるような美味しいジュースが登場。甘くて美味しい富良野にんじんと野菜でできた『富良野にんじんとこだわり野菜100』を飲んでみた!

 

富良野の恵みがいっぱい詰まった贅沢ジュース

「JAふらの」で知られるふらの農業協同組合(北海道)は、北海道上川管内の南部に位置し、恵まれた自然環境と土地条件を生かして、にんじんや馬鈴しょをはじめ、多岐にわたる農畜産物を産出する一大食料生産基地だ。

 

北海道は、国内にんじん生産量トップの産地。中でも主要産地である富良野のにんじんは、甘さとコクが特徴だ。そんな美味しいにんじんを使ったミックスジュースが誕生したという。こだわりたっぷりの『富良野にんじんとこだわり野菜100』(125ml・希望小売価格 税込194円・販売中)をご紹介しよう

にんじんの健康効果は言わずと知れたものがある。世界各国で健康の万能薬として利用されており、にんじんジュースを飲む人も多いのではないだろうか。

本品には、なんと1缶に約2本分のにんじんが使用されているが、その94%が富良野産。それに加えてビーツにかぼちゃ、アスパラガスなど、北海道産の野菜がミックスされている。原材料は、本当に自然の素材だけだ。にんじんにその他の野菜を加えることで、更に栄養豊富で美味しく飲める一品に仕上がっている。

国産野菜100%な上、食塩・砂糖・香料が不使用なところも嬉しいポイントだ。

一体どんな味なのか、さっそく飲んでみよう。

 

自然素材のいいとこ取り! 野菜をいっぱい摂っているという実感がわく味

容器は紙製なので、軽く、扱いやすくて便利。

野菜の成分が沈殿することがあるので、開封前によく振ってから飲もう。

開け方が、すごく分かりやすく表示されている。

シールをはがすだけで簡単に開けられるので、アルミ缶のプルトップのように爪を傷めてしまう不安もない。

グラスに注ぐと、とってもきれいなにんじん色。それに濃い。

自然の野菜をミックスしただけで、こんなにきれいな色になるんだと感動。

この中に富良野の太陽の恵みが凝縮されているのだ。

いろいろな素材が混ざったフルーツのような香り。

口に入れると、少しどろっとしていて、なめらかな質感の中に野菜の繊維質を感じる。

甘くて美味しい! 自然の甘さが心地よく、思わず一気飲みしてしまいそうだ。野菜なのに、みずみずしさがあふれ出す果汁のようなイメージ。朝から飲めばパワーがわきそう。

『富良野にんじんとこだわり野菜100』は、素材の甘さが生きた豊潤な味わい。確かににんじんの風味は感じるけど、全くクセがない。その他の素材とのコラボで、それぞれの甘みとコクはそのまま、味のいいとこ取りをしたような、とても飲みやすい風味になっている。野菜嫌いの子どもでも、喜んで飲んでくれそうだ。

 

こんなに美味しいジュースを飲んで、野菜不足を解消できるなんて、これは毎朝の楽しみになりそうだ。

 

富良野の太陽の恵みをゴクゴクと飲める『富良野にんじんとこだわり野菜100』は、直営ECサイトにて販売中。

 

公式サイトはこちら

記者

白山ぷりん

食は人生そのもの。おいしく作る・おいしく見せる・おいしく食べる、を楽しむフードコーディネーター&ライター。

この記者の記事一覧

photo by TAKE

トラックバック