ヴィーガン対応のプロテイン!好評のマルサンアイ『VEGAN PROTEIN』から第2弾 新フレーバー”カカオ味”が新登場!

置換えダイエットにも!手軽に植物性たんぱく質

 

マルサンアイ株式会社(愛知県岡崎市)から、ヴィーガンに対応する食物性のプロテイン飲料「VEGAN PROTEIN」の新フレーバー、カカオ味『VEGAN PROTEIN~CACAO SOY LATTE~』が登場だ! 既存の抹茶味『VEGAN PROTEIN~MATCHA SOY LATTE~』もたんぱく質を増量してリニューアル。そのフレーバーと、キュートなパッケージをチェックしてみよう!

 

可愛くスマートに! 中身にもパッケージにもこだわったプロテイン飲料

「VEGAN PROTEIN」は、ナチュラルな原料にこだわり、香料・着色料不使用の植物性プロテイン飲料。豆乳をベースに大豆と有機エンドウ豆プロテインを配合し、有機アガベシロップのすっきりとした自然な甘さが特徴だ。ベジプロジェクトジャパンのVEGAN認証を受けた、ヴィーガン・ベジタリアンにも対応した商品。

近年プロテインは筋肉増強のためだけでなく、ダイエットや肌のコンディション維持などの目的で摂取する女性が増加傾向だ。しかしまだまだ男性向けのものが多く、可愛らしいパッケージは少ない…。

オフィスでも雑貨のように馴染む可愛いパッケージ

その反面、「VEGAN PROTEIN」は中身はもちろん、デザインにもこだわり、女性でも手に取りやすい可愛さも兼ね備えているのだ!

忙しい時でもすぐ飲めて手軽!

また、プロテインは粉末をシェイカーで溶かすタイプも多い。その点、ストロー付きですぐに飲めるので、小腹が空いた時や時間がなくて朝食や昼食を抜きがちな時など、いつでもどこでも手軽に栄養補給ができる。

左:カカオ/右:抹茶

2020年3月に発売した『VEGAN PROTEIN~MATCHA SOY LATTE~』への好評を受け、第2弾のフレーバー『VEGAN PROTEIN~CACAO SOY LATTE~』(200ml・希望小売価格 税抜150円・2021年3月1日発売)を新発売した!

同時に、既存の抹茶フレーバー『VEGAN PROTEIN~MATCHA SOY LATTE~』(200ml・希望小売価格 税抜150円・2021年3月中旬より順次切り替え)も植物油脂を不使用、たんぱく質含有量を12gに増量。よりナチュラルにパワーアップしてリニューアル。

 

カカオと抹茶…女性が特に好むフレーバーではないか!さっそく気になるその味とパッケージをレポートしよう!

 

カカオ味『VEGAN PROTEIN~CACAO SOY LATTE~』

クラフト調のベージュに、淡く明るい茶色をベースにしたパッケージは、ナチュラルで雑貨やパン屋さんの紙袋のようで可愛い!

142kcalで置換えダイエットにも!

プロテイン12gを含み、コレステロールは0。女性に嬉しいイソフラボンも89mg摂取できる。

淡いココア色が美味しそう!

植物性のプロテイン飲料とは思えないほどのまろやかな口当たりで、優しい甘味にほのかなカカオ風味が感じられる。

プロテイン初心者の記者、プロテイン飲料と聞くと、少々ニオイが気になるイメージがある。しかし、これはスッキリとして豆臭さも少なく、かなり飲みやすい…!

 

抹茶味『VEGAN PROTEIN~MATCHA SOY LATTE~』

クラフト調のベージュに、落ち着いた抹茶の緑色は、オーガニックカフェの看板のようで可愛い!

抹茶もコレステロールは0、イソフラボンも87mg摂取できる。

こちらもまろやかな口当たりで、後からじんわり感じられる抹茶の風味。苦味や渋みはなく飲みやすい。

豆臭さも少なくとても飲みやすい。アガベシロップの自然な甘味と、滑らかで後に残る抹茶風味が調和した、ソイラテのような味わい。カフェタイムのような気分で、美味しく飲める。

どちらも、口当たりが良く甘味も優しい。臭みも少ないので、プロテイン初心者にもおすすめだ。また、常温保存可能で賞味期間180日約半年と長めなので、ストックしておくと、飲みたい時にすぐに飲めるので便利。

 

仕事や家事で食事が不規則の場合や、ダイエットなどで食事制限中は、どうしてもたんぱく質が不足しがち…。足りない栄養の補助や、食事の置き換えなどで取り入れてみては?

入手はオンラインショップなどから可能。ぜひチェックしてみて。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック