かわいいボディで高性能! コンパクトサイズのノコギリ『ポケットボーイシリーズ』は、持ち運びしやすく使い勝手も抜群だった

 

アウトドアやお庭のお手入れなど、おうちに1本あれば助かるノコギリ。でも、大きいサイズのモノは収納場所にも困ってしまう。『ポケットボーイシリーズ』は、その名の通りポケットに入る手のひらサイズ! 用途に合わせた幅広いラインナップが人気なのだ。今回は全種の中から2タイプを選び、木材をカットしてためしてみた。

 

「シルキー」ブランドの技術がポケットサイズに

切り口の綺麗さを求め誕生した鋸ブランドの「シルキー」、手がけているのは鋸メーカーのユーエム工業(兵庫県)。今回ご紹介する『ポケットボーイシリーズ』(サイズ 全2種/130mm・170mm・全6種・発売中)は、折りたたみノコギリ。折り込むとポケットに収納できるほどコンパクト! 小さいながらも切れ味バツグンなのだ。

左から130mmサイズの「細目」「大工」「万能目」「カーブ」「DIY」「荒目」

こちらは、鏡面研磨仕上げのアサリ分けなしタイプを採用。同社オリジナルの未来目という特殊目立てを施してあるため、縦・横・斜め方向への切断がスムーズに行えるのがポイント! 繊維の交わった枝の根元や一般木材、集成材、合板などがラクに切断できる。

握りやすさを追求したハンドルは、タイプによってカラフルに色分け。黒色の「万能目」、青色の「細目」、赤色の「荒目」、そして、最近仲間入りした黄色の「カーブ」、ピンク色の「DIY」、白色の「大工」と、カラーバリエーションにも注目。各タイプとも130mm、170mmの2サイズが揃っており、ポケットボーイの同じサイズであれば、どの色のハンドルにも取り付け可能だ。今回は130mmの「万能目」「カーブ」をおためし! 

 

ブラックカラーの「万能目」

使用時:290×60×25(mm)/重量:180g

「万能目」(サイズ130mm本体ケースなし・希望小売価格 税込3,190円)は、生木剪定・コンパネ切断・アウトドアにぴったり。

折りたたむ場合はハンドル上にある「プッシュボタン」部分を押すだけでカンタンだ。刃部分を見てみると独特な形、このフォルムこそシルキーオリジナル。

折りたたみ終了! 手の小さな記者でも持ちやすく重量も軽めで、収納もラクラク。

手袋を装着し準備万端!

用意した木材をカットしよう。木に刃部分をあてノコギリを前後に軽く動かす。すると、刃部分がスルスルと堅い木に入っていく。手のひらにピタッとなじむハンドルの安定さ、ノコギリを挽く瞬間が気持ちイイ!

切り口は素手で触ってもなめらか! 木の表面が凸凹にならず、触っても痛くない。目づまりもなく、木くず自体がサラッとしているよう。ヤスリをかけたような美しい切り口だ。続いて「カーブ」をチェック!

 

イエローカラーの「カーブ」

「カーブ」(サイズ130mm本体ケースなし・希望小売価格 税込3,454円)は、生木剪定・アウトドアに最適。刃がカーブしているため、切る方向に自然と刃が食い込み引きだけにスムーズに切れる設計だ。

木材を切り始めるとスルスル滑るように刃先が入る。こちらのフォルムは緩やかな曲線なので、ノコギリ初心者にとっては切りやすいかも。 「万能目」同様、切り口もお見事!

パンツのポケットにもすっぽり入るので、持ち運びにも便利。

公式動画「ゆるっとチャンネル」内で紹介されていた、シルキー社員が選ぶ「私のNO.1製品」ランキング1位に輝いたのも納得。折りたたみ式だから、おうちに1本あると何かと役立ってくれそうだ。

左から「細目」「大工」「DIY」「荒目」

今回ご紹介した「万能目」「カーブ」のほかにも、「細目」「大工」「DIY」「荒目」もスタンバイ! それぞれの使用用途をご紹介しよう。

  • 「細目」→竹・乾燥木材の切断
  • 「大工」→乾燥木材
  • 「DIY」→乾燥木材・DIY
  • 「荒目」→生木剪定・アウトドア

使用用途によって選べるから、どれを買っていいかわからないという人にはぴったりだ。

 

シルキー製品の販売店調べは便利な「取扱い店舗検索サービス」でチェック

シルキー製品を購入したいけど、販売店がわからないという人もいるだろう。そんなときは、「シルキー製品取扱い店舗検索サービス」におまかせ! お住まいの都道府県や商品名を入力するだけで、カンタンに検索できる。購入前に一度チェックしてみてはいかがだろう。

 

幅広く使用できる豊富なラインナップの『ポケットボーイシリーズ』、お庭の生木剪定、アウトドアにもおすすめだ。購入は全国のホームセンターや金物店など取扱店にて。

 

「シルキー製品取扱い店舗検索サービス」はこちら

公式サイトはこちら

記者

ななとも

幼いころから五感で動き回るのが大好き。小さなカラダであちこち動きながら、「思い立ったら吉日」の人生を神戸の街で過ごしている。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック