プロテインを手軽においしく続けよう! カフェオレ味の『わかさのたんぱく習慣』を毎日の朝食にプラス♪

カフェオレ味で飲みやすい粉末たんぱく質

 

カラダづくりの素となるたんぱく質。毎日の食事を意識するのはもちろんのこと、たんぱく質を積極的に補いたいと思ったら『わかさのたんぱく習慣』をためしてみよう。なにかと忙しい朝時間にも、サッと溶けるから作りやすく、ほんのりとした甘さのカフェオレ味が飲みやすい。

 

おいしくたんぱく習慣をはじめよう

わかさ生活(京都府)はサプリメントや化粧品などの研究開発、販売を手がけるメーカー。ブルーベリーのサプリメントを中心に、数々の健康食品を生み出している。公式キャラクターはブルーべリーをモチーフにした「ブルブルくん」。

仕様:顆粒

今回ご紹介するのは『わかさのたんぱく習慣』(300g・通常価格 税込3,600円・2022年4月発売)

たんぱく質はカラダづくりの素となる大切な栄養素。そのたんぱく質を1杯で約7,000mg補うことができる。

 

雑穀も摂れるカフェオレ味のプロテイン

アレルギー特定物質:乳・ごま・大豆

筋肉や内臓、神経、血液、ホルモン、髪、皮膚、骨、爪など、私たちのカラダを作る材料となるのがたんぱく質。1日に必要なたんぱく質は体重1kgあたり1gと言われているので、体重60kgの場合は60gのたんぱく質が必要になる。(※1)納豆に換算すると9パック分だ。(※2)

(※1)参照:日本食品標準成分表2020年版(八訂)(※2)1パック当たり40gの場合

思っている以上に不足しがちなたんぱく質を補うなら、1日の中でバランスよく摂取していくことが大事。手軽にたんぱく質を補給したい時におすすめなのが『わかさのたんぱく習慣』。質の良い栄養素である大豆たんぱく質を1杯に約7,000mg配合。体内では合成できない必須アミノ酸もバランスよく含まれている。

植物性たんぱく質の大豆たんぱくが原料。動物性たんぱく質に比べると脂質が低く、低糖質。さらに15種類の雑穀(きび・白麦・ひえ・玄麦・もち米・黒米・あわ・とうもろこし・大豆・アマランサス・高きび・キヌア・発芽玄米・ごま・はと麦)を特別な製法で粉末化。添加物や化学調味料などは使わずに仕上げているのだとか。

不足しがちなビタミン・ミネラル8種類(ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンD・カルシウム・マグネシウム・亜鉛)が摂れるのも嬉しいポイント。

パッケージ裏面にスプーン付き。

チャック付きのパッケージ。

1日の目安は、スプーン3杯分(約15g)。150ml程度の水などに溶かして飲もう。

冷たい水でも、お湯でも、どちらも溶かしやすい。

 

忙しい朝にこそ補いたいたんぱく質

水を注いだら、スプーンでよくかき混ぜる。

穀物がたっぷり溶け込んでいるので、とろみがある。粉末になった大豆や穀物の舌触りをやや感じるが、甘いカフェオレ味ですっきりと飲みやすい。大豆を使った製品は、どうしても大豆の青臭さが感じられるものが多かったりするが、カフェオレ味が大豆特有の臭みを抑えてくれている。

 

水や牛乳、豆乳などお好みのものに溶かして

冷たい牛乳でも混ぜやすい。

牛乳で作るとミルキーな甘さが加わり、よりまろやかな風味になるので、ラテ感強めの味わいが楽しめる。豆乳をはじめ、アーモンドミルク、オーツミルクなど、好みのミルクでも試してみよう。

ほんのりとした甘さは脳の栄養にもなるので、頭を働かせたい朝食にもぴったり。小腹が空いた時に飲めば空腹感も抑えてくれるかも。

大豆・ごま・乳成分が入っています。

大豆由来の植物性たんぱく質を、毎日の健康のために意識してたんぱく質を摂りたい人におすすめ。定期お得便の場合は、1袋あたり税込2,880円(20%OFF)で購入できる。お届けサイクルは、毎月、2カ月に1回、3カ月に1回が選択可能。『わかさのたんぱく習慣』は公式オンラインショップで購入できる。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載なども多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック