希少な完熟赤胡椒を使用!『MCカンポットペパーステーキソース』でおうちステーキを豪華に

ペパーの旨みをガツンと感じるステーキソース

 

カンポットペパーはとても希少な胡椒(こしょう)。胡椒のボルドーワインとも評されるそのおいしさをソースに閉じ込めた『MC カンポットペパーステーキソース』をご紹介。おうちがレストランになるその味わいを堪能してみよう。

 

世界一の胡椒「カンポットペパー」とは

ユウキ食品(東京都)は世界各国の調味料や食材を幅広く取り扱うメーカー。スパイスで培った高い調香味技術を基盤に、世界最大のスパイスメーカーであるアメリカのマコーミック(McCormick)社とも提携。グルメシーンにぴったりの味わいを数多く取り揃えている。

今回ご紹介するのは『MC カンポットペパーステーキソース』(170g・希望小売価格 税込486円・2022年3月1日発売)

 

胡椒全体のわずか 0.01%※1しか生産されていない希少であるカンポットペパーを使用しているのが特徴だ。※1:胡椒全体の生産量(752,000t)に対して、カンポットペパーは 0.01%の割合(73.23t)[2018 年]

カンボジア南部のカンポット特定農園で、化学肥料や農薬を一切使用しない伝統農法で手間暇をかけて作られているカンポットペパー。そのこだわりは、世界一の胡椒と称されている。一般的に胡椒には、早摘みのグリーンペパーをはじめ、ホワイト、ブラックなど、収穫時期や乾燥方法によって様々な種類がある。

カンポットペパーは赤く完熟した実。フルーティーで芳醇な旨み、マイルドな辛味が特長。その味わいを最大限に活かし、オニオンやガーリックなどで香り高く仕上げた。

 

リッチなとろみで食材によく絡む

小皿に出してみると、リッチなとろみのある濃厚なソース。ペパーの香りが華やかで、粒々とした胡椒がたっぷり入っているのが分かる。

ステーキソースということで、ここはやはりステーキとともに頂いてみよう。

レアに焼き上げたステーキに、『カンポットペパーステーキソース』をそのままかける。醤油ベースのコク深い味わい。フルーティーな甘さのある香りだが、口の中に広がると胡椒の辛味がガツンと主張する。ピリっとした程よい刺激。

香りはフルーティー、味わいはピリッと、刺激的な辛味のバランスの良さ

辛味がしっかりありながらも、後味には爽やかさも感じる。ステーキの旨みとソースが溶け合い、それぞれのおいしさを引き立てる。レストランで味わうかのようなリッチな本格派のペパーソースは、口の中で胡椒の余韻が長く続く。

これだけしっかりと胡椒を感じるソースは、どちらかというと大人向け。味わいも濃く、少量でもソースがアクセントになってくれる。

ステーキはもちろんのこと、ハンバーグ、チキンソテー、ムニエル、温野菜などにも。肉料理や魚料理、どんな料理にも相性が良く、マイルドな辛さを楽しみたい時にぴったり。

『MC カンポットペパーステーキソース』は、全国のスーパーやオンラインストアにて発売中。他にはない希少なカンポットペパーを使ったこの味わいは、グルメ通さん必見。

 

あわせて読みたい:スパイス感が特徴の『SPICE FACTORY ザ・クラフトコーラ』が早くもリニューアル。さらにスパイス感UP!【新旧比較&追いスパイス実験】

あわせて読みたい:かけすぎ注意!辛さ10倍の史上最辛『TABASCO®スコーピオンソース』が日本上陸!

あわせて読みたい:万能中華調味料チューブ3種比較!『創味シャンタン やわらかタイプ』『味覇』『香味ペースト』

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック