チーズ好き必見! チーズスイーツ専門店から誕生したチーズサンドで 至福のティータイム♪

芳醇なチーズの味わいをスイーツに

 

チーズスイーツ専門店「Now on Cheese♪(ナウオンチーズ)」が手がける『クラシックチーズサンド』をご紹介。手土産にも喜ばれる可愛らしいパッケージと、濃厚なチーズのおいしさ。まさにチーズを楽しむための焼菓子は、チーズ好きさん必見。チーズ大好きな記者がおためししてみた!

 

とにかくチーズを感じる、そんなスイーツを

ケイシイシイ(北海道)がプロデュースするチーズスイーツ専門店「Now on Cheese♪」。厳選したチーズを惜しみなく使用し、様々なチーズの個性を最大限に生かしたチーズスイーツを手がけている。今回ご紹介するのは昨年秋に登場した「クラシックチーズサンド」。2種類の味わいがあるので、それぞれをチェックしてみよう。

 

大人なテイスト「スモークチーズ&カマンベール」

『クラシックチーズサンド スモークチーズ&カマンベール』(10枚入り・販売価格 税込1,080円・2021年11月1日発売)。クラシカルな温かみのあるイラストはスモークチーズをイメージし可愛らしく印象的。

箱を開けると、個包装にもそのままの世界観。

レトロな色合いでゆったりとした時間を過ごすお供にぴったり。イラストの女の子も手にクラシックチーズサンドを持っている。

クリーミーなチーズを燻製にするスモークチーズ。カマンベールチーズは、表面に白カビを生やして熟成させたチーズのこと。中はとてもクリーミーでとろけるような食感をしている。

紅茶とともに、「クラシックチーズサンド」でティータイムにしよう。

 

スモーキーなおいしさが口いっぱいに広がる

スクエア型のスモークチーズクッキー生地にカマンベールチーズ風味のホワイトチョコレートをサンド。封を開けただけで、スモークのいい薫りがする。そして、口に入れた瞬間に芳醇なスモークの薫りが一気に広がった。スモークチーズを食べた時に感じる燻製感がしっかりと感じられることに驚き。

薄く焼き上げてあるクッキー生地は、サクッと軽い食感のラングドシャ。どこまでもチーズ感が強く、カマンベールの程良い塩味もたまらない。

 

個性が光る「カラメル&ゴルゴンゾーラ」

『クラシックチーズサンド カラメル&ゴルゴンゾーラ』(10枚入り・販売価格 税込1,080円・2021年11月1日発売)。こちらはゴルゴンゾーラをイメージしたブルーのパッケージ。

可愛らしい個包装はシェアもしやすいのがうれしい。

こちらも女の子の手には「クラシックチーズサンド」が描かれている。

ゴルゴンゾーラは、ブルーチーズ(青カビタイプ)の1種。チーズ全体に青カビが広がっており、それが程良い刺激となる。個性的なチーズをカラメルと合わせるとどうなるのか…期待が膨らむ。

 

カラメルの甘さと強めのチーズ感が織りなすハーモニー

ほんのりカラメル色に染まったクッキー生地。まずはカラメルの甘い香りに包まれる。そして、ひとくち食べてみるとゴルゴンゾーラチョコレートのしっかりとした主張。塩味がかなりきいており、カラメルの甘みと絶妙なバランスで混ざり合う。こんなにゴルゴンゾーラを感じるスイーツがあるなんて!

サクッとしたカラメル風味のラングドシャ。カラメルの香ばしい甘さが感じられる。見た目には薄いのに、味わいはかなり濃厚。ゴルゴンゾーラホワイトチョコレートの口どけもいい。

 

チーズ好きさんは見逃せないこの味わい

どちらもチーズ好きさんをうならせるこの味わい。焼菓子・チョコレート菓子であるのに、チーズを食べているかのような芳醇さがある。ティータイムにはもちろんのこと、これはワインにも合いそうだ。

 

ここでしか買えないおいしさを手土産に

2種類の味わいが楽しめる『クラシックチーズサンド アソート』(18枚入り・販売価格 税込1,944円)も発売中。チーズをイメージさせるイエローの箱、包装紙も個性的でかわいい。

パッと目を引く箱や個包装のデザイン、日持ちも長いので手土産にも喜ばれること間違いなし。チーズスイーツ専門店だからこそのこの味わいは、自分へのご褒美としてはもちろんのこと、チーズが好きな人、ワインやシャンパンが好きな人への贈り物にもぜひ。

現在は「Now on Cheese♪」店舗のみで発売中。パッケージには「Tokyo」の文字もあるので、東京土産としても注目しておきたい。販売店舗は、ルミネ新宿店、渋谷スクランブルスクエア東急フードショーエッジ店、エキュート大宮店、Hello,TokyoStation!(東京駅構内)。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの連載など執筆も数多く手がける。記事内の料理やアートワークの制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子 / official images

トラックバック