夢のコラボ復刻! バター風味のカリサク食感『ドラゴンポテト しあわせバタ〜味』がたまらないおいしさ

大人気のコラボ商品が復活!

 

2020年に発売されたカルビーとフリトレーのコラボ商品『ドラゴンポテト しあわせバタ〜味』が復刻発売! あまじょっぱい幸せフレーバーとカリッサクッな食感が再び味わえる。多くの人を虜にした味わいをおためししてみよう。

 

2つの良いとこどり! あまじょっぱさと軽い食感に手が止まらない

2019年から始まったカルビーとジャパンフリトレーのコラボは今年で4年目。毎回お互いの人気ブランドの定番フレーバーを交換するコラボ商品だ。ジャパンフリトレーでは、第1弾「ドラゴンポテト コンソメWパンチ」、第2弾「同 うすしお味」(2019年)、第3弾「同 のりしお味」(2020年)を発売している。

そして、この度復刻販売となったコラボフレーバーこそが、2020年11月に発売された第4弾『ドラゴンポテト しあわせバタ〜味』(45g・希望小売価格 税込円・2022年1月24日発売※コンビニ先行発売)。ジャパンフリトレー「ドラゴンポテト」でカルビー「ポテトチップス しあわせバタ~味」のフレーバーを再現したコラボ商品である。

ちなみに、「ドラゴンポテト」は2021年4月に味もパッケージもリニューアル。レギュラーの「コクしお味」を発売している。今回の復刻はリニューアル後の初コラボとなる。

1袋あたりのエネルギーは256kcal、糖質(炭水化物)は約24.6g

「ポテトチップス しあわせバタ~味」はバター・はちみつ・パセリ・マスカルポーネチーズの4つの素材を組み合わせた(4あわせ)フレーバー。

この味と「ドラゴンポテト」のカリッ、サクッ食感が組み合わさることで、クセになるおいしさになるようだ。復刻するほどだから期待も高まる。

パッケージはロゴは「ドラゴンポテト」のままだが、フレーバー表記のみ「ポテトチップス」風。上部にはきちんと両社のコラボマーク入り。

袋を開けたとたん、溢れんばかりのバターとはちみつの香り。濃厚と表現するより、濃“蜜”と表現するのがぴったりのあま~い香りだ。

形状はもちろん「ドラゴンポテト」そのもの。龍が天に昇るような螺旋形状のポテトに、フレーバーがたっぷりと振りかかっている。

緑色の点がパセリ

初めはカリッ、すぐにサクッとした食感とともに、あまじょっぱいしあわせバタ~味。「ポテトチップス」よりもぶ厚いのに、それに負けないくらい甘いバターの味わいを感じられるのだ。2、3個食べると、もう口の中がしあわせの味でいっぱい。

形状のせいか、フレーバーの濃さにムラがあるのも「ドラゴンポテト」ならではの味わい

鼻へと抜けるバターやほんのりと奥にあるマスカルポーネチーズの風味が最後まで続き、なんとも心地よい気分。噛めば噛むほど味が濃くなっていく。これがしあわせの味なのか。サクサク食べられて手が止まらない。

 

ごちそうさま、記者も気づけば笑顔になってました! 全国のスーパー、コンビニで発売中。

 

あわせて読みたい:無限ループの立体スナックが重厚味に変身! 『ドラゴンポテト コクしお味/うまチリ味』

あわせて読みたい:カルビー×フリトレーコラボ第2弾『ドラゴンポテト うすしお味』を「ポテトチップス うすしお味」を食べ比べ!

あわせて読みたい:『フリトレー ドラゴンポテトパワフルBBQ味』トルネード形状が楽しいおもちゃ感覚のスナック!

公式サイトはこちら

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/Official images 

トラックバック