おいしい明太子がスティックに『味な油漬け どこでも明太子』は持ち歩きにも便利な個包装タイプ

お弁当にも添えやすいスティックタイプ

 

明太子好きさんに朗報。『味な油漬け どこでも明太子』は、気軽に明太子が味わえるスティックタイプ。お弁当やアウトドアシーンなど、おうちでも外でもどこでも明太子のおいしさを! ちょっとだけ使いたい時やギフトにもおすすめの商品をご紹介しよう。

 

味な明太子をいつでもどこでも

明太子の創業メーカーである株式会社ふくや(福岡県福岡市)の人気商品「味の明太子」は、良質な「たらこ」を原料とするのはもちろんのこと、こだわりぬいてブレンドした特選唐辛子がそのおいしさを引き立てている。また、数々の明太子関連商品も展開。

 

今回ご紹介するのは、いつでもどこでも明太子のおいしさを味わえる『味な油漬け どこでも明太子』(10本入り・希望小売価格 税込1,296円・発売中)

 

使い切りサイズだからこその楽しみ方

厚さ2㎝程度の箱型のパッケージ

「味な油漬け」はふくやの人気商品のひとつで、通常は缶詰や瓶詰で展開している。その味わいを1回分ずつの使い切りサイズにすることで、さらにおいしさを楽しめるシーンが広がった。

味な油漬けの「味な」には、「味わい深い」という意味に加え、「機転が利く」「気の利いた」という意味も込められているのだとか。

 

辛味の効いたふくや名物「味の明太子」の粒を綿実油と合わせている。生の明太子を油漬けにして加熱することで明太子の旨みを閉じ込め、長期保存も可能にした。

 

辛味はマイルド、ほぐしてあるから食べやすい

スティックサイズ:135mm×35mm

スティック1本あたり12g入り。ベースの辛さは残しつつも、マイルドでコクのある味わい。

油漬けなので、辛味がほどよく抑えられておりマイルドな仕上がり。通常の明太子に比べるとあまり辛いという感じはしないので、辛さが苦手な人でも食べやすいはず。ほどよいピリ辛さが食欲をそそる。プチプチとした食感の良さと、明太子の旨味がしっかりとしておいしい。

炊き立てのごはんで作ったおにぎりに、明太子を添えてみよう。使い切りやすい分量が個包装になっていることで、スプーンなどを使わずにそのまま取り出せるから忙しい朝なども使いやすい。ご購入はこちら

これはもう間違いないおいしさ。じゅわっとごはんに染み込んだ明太子の旨味と粒々の食感がたまらない。漬け油には旨みがたっぷり溶け出しているので、余すところなく味わいたい。

 

具入りおにぎりが作りやすい

生の明太子だと鮮度の問題があるのでお弁当には適さないが、油漬けに加工されたものなので日持ちする点も使いやすい。

 

たっぷりと明太子を入れてお弁当に持っていこう。作るおにぎりの大きさにもよるが、1本分使うとかなり具沢山。

お昼に食べるころには、全体に味が馴染みさらにおいしくなっているはず。油漬けではあるが、旨みが溶け出しているからか、油っこい感じはあまりしない。明太子のおいしさをしっかりと味わうことができる。「もっと明太子がほしい!」そんな時には追い明太子をしよう。これも個包装だからこそできること。

 

明太子メニューのレパートリーも広がる

【賞味期間】 常温240日

シンプルに味わうのはもちろんのこと、明太子を使った料理にも。手軽にパスタと和えて明太子パスタ、オムライスのソースにして明太子オムライス、お好み焼きに混ぜて明太子お好み焼きなど。様々な明太子メニューに活用してみよう。マヨネーズなど他の素材とも混ぜやすく、簡単に明太子ディップができあがる。そのままサラダにかけてもおいしい。

個包装1本ずつに賞味期限も記載してあるので、外箱がなくなってしまっても安心。

 

ちょっとしたお礼などにも名物のおいしさを

かさばらないサイズ感なので、ちょっとした手土産にもおすすめ。開けたらすぐにおいしく食べられる手軽さがいい。

『味な油漬け どこでも明太子』は公式オンラインショップで発売中。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック