Amazonで人気のココロのためのリラックス入浴剤『えむじぇいの湯』。本気で何とかしたいなら、継続コースで1ヶ月連用がおすすめ

疲れた心に寄りそう入浴剤

 

とかくストレスのたまりやすい昨今。忙しい毎日で心に余裕がない、気分の浮き沈みがひどく、寝つきも悪いというのなら、メンタルヘルスに着目した、Amazonで評判の入浴剤『えむじぇいの湯』がおすすめだ。今回はより晴れやかになるための、1ヶ月みっちり使える「継続コース」を紹介したい。

 

ストレスがたまった→温泉にでも行きたい→でも忙しい。でも大丈夫。自宅で湯治感覚でココロにアプローチできる『えむじぇいの湯』がある!


『えむじぇいの湯』は株式会社MJ Anela(東京都中央区)の代表取締役CEOである水谷 淳氏が、ココロに問題のある人々が増える一方の社会状況に対し、自分で何かできないかと2021年1月に設立した同社より販売されている入浴剤。全ての人がキラキラと輝き、自信が持てる世界を目指し、メンタルヘルスを意識した商品を開発、販売しているのが同社の特徴だ。

世界初のメンタルヘルスのための入浴剤『えむじぇいの湯』

メンタルヘルスを考えたとき、人々が真っ先に思い浮かべるのはクスリ、もしくはサプリメントだろう。しかしMJ Anelaが着目したのは、温泉だった。実際、”温泉にでもつかりたい”と人が口にするときは、ほぼココロやからだが疲れている瞬間ではないだろうか。


『えむじぇいの湯』は古き良き時代から、万病を長期間温泉につかって治す「湯治(とうじ)」という習慣に着目し、全国の温泉成分を研究、気の遠くなるような試行錯誤を繰り返し、よりリラックスが可能になる組み合わせを実現した温泉成分由来(二酸化炭素泉、塩化物泉、硫酸塩泉の成分を同時配合)の入浴剤である。

香りはアロマオイルやハーブティーなどで人気の高いベルガモットの上質な香りで仕上げられている。

 

『えむじぇいの湯』継続コースをおためし!


パッケージを開けると、真っ白なパウダーが中に入っている。浴槽にその粉末を入れると、乳白色の美しい水色(すいしょく)へと変わった。温泉感のあるナチュラルな香りとベルガモットにより、深呼吸がしたくなるくらい良い香りだ。


肩までその湯につかると確かに、ココロがほどけていってしまうよう。普段よりも格別にリラックス感があるように感じる。


『えむじぇいの湯』習慣をはじめて4日後くらいだったろうか、同じ入浴剤ばかりで飽きてしまうかと思っていたが、実際ははやくいつものこの湯につかりたいと感じている自分に気づいた。

確かにこの感覚は、1、2度入っただけでは味わえない感覚だ。もちろん昼間も変わる。夜の眠りが満たされたからか、日常的にストレスがたまることが減った気がしたのだ。

 

本気でメンタルヘルスにアプローチしたいなら! 『えむじぇいの湯』継続コースで1ヶ月の湯治感覚体験がおすすめ!

『えむじぇいの湯』継続コース1ヶ月セット(30日分)​で定価30,000円。入浴剤としては高価だが、おだやかなメンタルを取り戻すとしたらどうだろう?


記者は何にも代えがたい晴れやかな気分の毎日を得ることができ、今では『えむじぇいの湯』を、その他入浴剤とはまったく別物と感じるようになった。ポイントは毎日欠かさず、1ヶ月。悩んでいるなら、まずは長期で体験するのがおすすめだ。

公式サイトはこちら

記者

塩田和夫

東京都在住、WEBライター。フラットな視点が持ち味。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック