【ヘルシー・ナッツバー】『BE-KIND ストロベリー & ホワイトミルク アーモンド/プロテイン カフェモカ & ダークチョコレート アーモンド』!【食べてみた】

ヘルシーなパワーをおいしくチャージ!

 

素材本来の味わいが楽しめるナッツバーブランド「BE-KIND(ビーカインド)」より日本限定いちご味『BE-KIND ストロベリー & ホワイトミルク アーモンド』と植物由来プロテインを摂れる『同プロテイン カフェモカ & ダークチョコレート アーモンド』が登場した。

 

厳選されたナッツから生まれた自然なおいしさを持ち運んで、いつでもエネルギーチャージ!

小腹対策の代名詞、大人気チョコレートバー「スニッカーズ」や「M&M’S」でおなじみのマース ジャパン リミテッド。その健康意識高めの人のための厳選ナッツバーシリーズがBE-KINDで、今回は新たに登場した『BE-KIND ストロベリー & ホワイトミルク アーモンド/プロテイン カフェモカ & ダークチョコレート アーモンド』(1本入・希望小売価格 税込257円/268円・2021年9月13日発売)を食べてみたい。

 

『BE-KIND ストロベリー & ホワイトミルク アーモンド』

日本限定で登場した新味が『BE-KIND ストロベリー & ホワイトミルク アーモンド』だ。日本のコンビニで特に人気が高い「いちご味」が特長。封を開けるとなんとも童心に返る甘やかないちご風味が広がる。封から出してしまうとほぼ他のナッツバーと区別がなくなる茶色いルックスのなので、食べてさらにいちご+ホワイトミルクの味わいが広がるととても不思議だ。

168kcal/糖質8.8〜14.5g

近年主流となりつつあるフルーツとしての酸味強調タイプではないところが、記者にはうれしい。もちろんそこに加わるのが、まるごと使用したアーモンドのガリッと感。いちごミルク+ナッツに人工甘味料を使用しない自然な甘さが広がっていくと、実においしい。


この感覚で、スーパーフードのチアシードも入っているので、おやつ感がしっかりありながら、健康成分をチャージできるというわけだ。

ナッツぎちぎち

『BE-KIND プロテイン カフェモカ & ダークチョコレート アーモンド』

『ストロベリー & ホワイトミルク アーモンド』と比べてワイドなフォルムで、がっつり感がとても強い『BE-KIND プロテイン カフェモカ & ダークチョコレート アーモンド』。特筆すべきは、アスリートやダイエット実践者にうれしい、植物由来のプロテインがたっぷり8.4g含まれているところ。

バーと言うには横幅が…

192kcal/糖質8.6〜12.9g

かぶりついた印象では、コーヒー+チョコレートのカフェモカ風味がグンと沸き立ち、ガリッとした食感とナッツ率の高さで、実に重たいフィールなのだが、糖質は8.6〜12.9gに抑えられている。これは置き換えダイエット時の食事代わりとしても最適だろう。

密度がエグい

チョコ、コーヒー、ナッツという相性抜群の組み合わせでおいしいが、飲み込むと胃にズシッとくるけど低糖質で、おなかいっぱい感はけっこう感じられる。


入手は全国のコンビニエンスストアで可能だ。

 

あわせて読みたい:【おいしい糖質オフ】ホテルニューオータニ グランシェフ監修『ケロッグ 糖質オフグラノラ』!

あわせて読みたい:ひと粒ちょい食べサイズでガツッと満足!『スニッカーズ モバイト』ならデスクにも常備したい

あわせて読みたい:【かっこいい小腹退治】低GIで身体に優しいアメリカ生まれのナッツバー『BE-KIND(ビーカインド)』3種食べ比べ【ダイエット】

あわせて読みたい:無駄をそぎ落としたプロテインバー『ストロングバー カカオブラック/ミルクホワイト』でストイックにたんばく質補給!

あわせて読みたい:【プロテインバー特集】コンビニですぐ買えるおすすめ5選! ダイエットやトレーニングのお供にぴったり

 

公式サイトはこちら

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック