瞬間コーヒーブレイク! 『1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)珈琲』

手軽でコンパクト、なのにおいしい!

 

新ジャンルのフリーズドライ製品として、2021年5月19日に発売された「1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)緑茶/麦茶」は、気軽かつ簡単に美味しいお茶が飲めるとあって好評に。お茶も良いけれど珈琲も飲みたいな……というところ『1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)珈琲』が新登場!『1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)』を愛飲している記者が、早速お試ししてみる。

 

小さなキューブに珈琲豆の美味しさと風味が凝縮!待望の珈琲が発売!

コカ・コーラシステム『1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)珈琲』(1パウチ15粒入り・メーカー小売希望価格 税込648円・2021年6月28日発売)は、濃縮フリーズ製法により素材の美味しさを小さなキューブ1粒に凝縮した、新ジャンルのフリーズドライ飲料第3弾だ。

 

強い加熱処理をしてしまうと失われてしまう珈琲豆の風味がキューブに残っており、水やお湯を入れたコップにポトンと落として溶かすだけで、簡単に本格的な珈琲が飲める。自宅で過ごすことが増え、出かける際にはマイボトル持参も多くなった昨今。お手軽かつ環境に配慮した新しいインスタント飲料として開発された商品だ。

キューブ1粒で1杯分となるため、15粒で15杯分の目安となる。パウチは紙素材で出来ており、キューブ自体は個包装されていないためゴミが少ないことも特徴。

 

ちなみに、パウチは自立するので置いておく場所に困らないのも地味に便利だ。記者はシンクまわりの冷蔵庫横に鎮座してもらっている。

作り方は130mlの水かお湯を入れて溶かすだけだが、先輩である『1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)緑茶/麦茶』は200ml〜400mlが適量となっており、同じ感覚で入れてしまうと薄味になってしまうので注意されたし(記者は最初間違えた)。

 

『1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)珈琲』は好みに合わせてキューブを2粒にして味わいを深めたり、ミルクや砂糖を加えて自分の好みに調整することもできる。

 

『1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)珈琲』を飲んでみる!

これからの季節はアイスが美味しいので、水に溶かしていただいてみよう。一見するとチョコレート菓子のような見た目なので、間違ってそのまま口に入れないように。

キューブは多孔質と呼ばれるミクロの穴が無数に存在する状態なので、水を入れたコップに投入するとすぐにじんわり溶け始める。

放っておいてもどんどん溶けていくが、マドラーなどでかき混ぜよう。キューブを取り出して水を入れてかき混ぜる。約30秒で美味しいコーヒーが出来上がる圧倒的お手軽さだ。

まずは1粒分でいただいてみる。パウチ裏面にスッキリ美味しいライトコーヒーと書かれているとおり、ブラックでも飲みやすい味わいだ。

2杯目は氷を入れて、2粒分投入してみる。アイスの場合、コップのサイズにもよるが大きめのものだと130mlは少ない印象になるので、そこは氷で調整したいところ。

キューブ2粒分だと見た目も濃くなり、しっかりとしたコクと苦味が感じられる本格的なブラックコーヒーが楽しめる。記者はここにミルクを少し入れてマイルドな口当たりにした味わいが好み。何杯か試してみて、自分に最適な味わいを探すのも楽しい。

『1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)珈琲』はAmazonで数量限定発売中だ。気軽に美味しい珈琲が飲みたい方は、ぜひチェックしてほしい。

 

あわせて読みたい:手軽でおいしくゴミ出ない!『1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)緑茶/麦茶』ならティータイム新世紀

あわせて読みたい:手軽におうちカフェ! チョコの香りの『ボス カフェベース カフェモカ』、アレンジレシピもご紹介

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by TAKE

トラックバック