【超音波式】コンパクトでおしゃれなのにしっかり加湿! 上から給水できる大容量ondo『4L超音波加湿器』【ウイルス・花粉対策】

 

話題の次亜塩素酸水、実はスチーム式などの加湿器には使えないことをご存じだろうか。金属を錆びさせたり熱に弱かったりと、色々制限があるのだ。ondo『4L超音波加湿器』は、加湿にも次亜塩素酸水にも対応した数少ない超音波加湿器。果たしてどれほど使いやすいのか、実際に確かめてみた。

 

次亜塩素酸水には専用加湿器が必須!

 

これからの季節、花粉が気になる…。特に就寝時は唾液の分泌量も減るから、朝起きたときの如実な鼻詰まりや喉の辛さを痛感する。粘膜が傷つきやすくなると、菌やウイルスの侵入を容易に許してしまう…。対策するには空気に潤いを与えるほかないのだ。

株式会社丸隆(東京都渋谷区)のondo『4L超音波加湿器』(品番:ON-Jia02 希望小売価格 税抜12,800円・発売中)は、耐塩素加工をほどこした次亜塩素酸水対応の超音波加湿器だ。花粉も乾燥もウイルスも気になるこの季節にぴったりのアイテムとなっている。

アロマオイルも直接給水タンクに入れてOK!

そもそも一般的な加湿器に次亜塩素酸水を入れるのはNGとされている。1つは次亜塩素酸水が金属部品を錆びさせるため、加湿器自体の対策が必要だからだ。また次亜塩素酸水は熱に弱く、スチーム式の加湿器に使えないのも理由の1つ。これらの理由から、次亜塩素酸水を使うには専用の加湿器が必要なのだ。

これをクリアしているのが、このondo『4L超音波加湿器』というわけだ。次亜塩素酸水対応加湿器は少ないので非常にありがたい商品である。だが、その加湿量や運転時間などの性能がよくなければ意味がない。その詳細を実際に使用しながら紹介しよう。

 

注目ポイントは3つ。面倒をなくしたスマートな加湿器

注目ポイントは本体サイズ、水タンク容量、噴霧パイプの3点だ。

基本性能は下記の通り。

仕様

  • 定格電圧: AC100V
  • 定格消費電力: 22W
  • 加湿量: L(弱)約100ml/h、M(中)約200ml/h、H(強)約300ml/h
  • 連続加湿時間: L(弱)約40時間、M(中)約20時間、H(強)約13時間
  • 加湿方式: 超音波式
  • 切タイマー: 2~12時間
  • 適用床面積: 木造和室:約5畳 プレハブ洋室:約8畳
  • 水タンク容量: 約4L
  • 本体重量: 約1.3kg
  • 本体サイズ: 約(幅)19×(奥行)19×(高さ)26.5cm ※噴霧パイプなし時
  • 付属品: ACアダプタ、噴霧パイプ×3、噴霧パイプ用取付キャップ、掃除用ブラシ

本体サイズは、直径約19cm×高さ26.5cmの円筒型加湿器。非常にコンパクトで置く場所を選ばないから、卓上やベッド脇に置けば自分に近い場所を効率的に加湿ができる。凹凸のないスマートなフォルムとマット調のデザインだから様々なインテリアと合わせやすいのが嬉しい…!

スマートに上部給水できるように傾斜が付いている

水タンク容量は約4Lの大容量タイプ。加湿器を使う上で面倒なのは給水の手間だが、この容量なら強運転にしても約13時間使えるので、1日1回の給水で十分だ。しかも上部からそのまま給水できるから、タンクを取り出す必要がなく非常に簡単だ…!

また付属で噴霧パイプが付いているのも大きな特徴だ。超音波式のデメリットは、広範囲や高い場所に噴霧できないこと。超音波式は微細な水滴を噴霧するため、基本的に上から下へ降下してしまう…。そのため、出来るだけ高いところで運転した方が良いのだ。それを補助するのがこの噴霧パイプ。取り付けるだけで、高さが約2倍となるから効率よく加湿できるというわけだ…! この3つのポイントを抑えつつ、実際に使用してみよう。

 

付属の噴霧パイプで高さ約1.5mまで上昇。床が濡れにくいから使いやすい

 

給水は上部から出来るので、分解の必要がなく非常にスマートだ。ふたを開ける必要すらない…! 水がこぼれないように傾斜も付いているから、ゆっくり注げばこぼれず給水できる。なお勢いよく入れるとこぼれるのでその点は注意して。

L・M・Hとナイトモードの4パターン。弱なら最大約40時間稼働

加湿量は、L(弱)約100ml/h、M(中)約200ml/h、H(強)約300ml/hの3段階。部屋の大きさや湿度に応じて設定ができる。超音波式の中では標準的な加湿量といえるだろう。

タイマーは2~12時間の6パターン(2時間ごと)。設定範囲が広くてGOODだ!

なお、運転中はLEDが点灯する仕組みとなっている。就寝中など、気になるようならナイトモードがおすすめ。

床に直接置くならノズルが絶対おすすめ!

付属のノズルは組み立て式で、グッと押し込んではめ込み、根元のみを回して取り付ける。どちらも硬めなので壊さないよう注意しよう。ノズルを使うと床に置いても噴霧が1.5mほどの高さにまで上昇するから、床が湿りにくく非常に使いやすい…!

 

 

メンテナンス性もばっちり! 見た目も機能もこだわりたい人におすすめ

 

ondo『4L超音波加湿器』は次亜塩素酸水対応だけでなく、スマートでおしゃれなデザイン性にも優れた機能と見た目を両立した商品だ。しかも、タンク内の掃除もしやすく、非常に使い勝手の良い加湿器となっている…!

乾燥や花粉対策、ウイルスに悩む人の選択肢としてondo『4L超音波加湿器』をおすすめしたい。全国の家電量販店、ホームセンター、オンラインショップほかで発売中だ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック