圧倒的にリアルなグラフィック! サッカーゲームの最高峰『FIFA 21』をプレイしてみた

 

秋といえば、欧州ではサッカーリーグ開幕のシーズン。そして、リアルに世界最高峰のサッカーをゲームで楽しめる人気シリーズ最新作『FIFA 21』も発売となった。年々グラフィックなど進化を続ける最新サッカーゲームを、久々にサッカーゲームに触れる記者が実際にプレイしつつご紹介していこう!

 

シンプルかつ奥深い操作性と豊富なやり込み要素!ゲームでサッカーを存分に楽しもう!

『FIFA 21』(PS4パッケージ版/ダウンロード版・価格 税抜 7,909円・2020年10月9日発売)は、実在する欧州のクラブチームをはじめ、実名選手がリアルに再現された迫力ある試合を楽しめるサッカーゲームの最高峰。

 

国内でも大人気の「Apex Legends」などを手がけるエレクトロニック・アーツ社が販売し、セガがパッケージ版の国内流通を担当している。

ゲーム内には、700以上のクラブチームと17,000人以上の選手がリアルに登場。

選手の移籍や成長も楽しめるキャリアモードや、自分だけの夢のクラブチームを作っていける「FIFA Ultimate Team」モードなど、さまざまな楽しみ方ができる。オンラインで全世界のプレイヤーと一緒に楽しめるのも魅力的だ。

 

記者は日韓で共催された2002 FIFAワールドカップの直撃世代なので、その当時サッカーゲームを頻繁にプレイしていた。

ちょうどイングランド代表のデイビッド・ベッカム選手が現役で「ベッカムヘアー」が国内を席巻していたころなので、覚えている方も多いのでは?

 

逆に言うと、がっつりサッカーゲームをプレイするのは約20年ぶり。

額に流れる汗までリアルに作りこまれている

今ではパッケージ版を買いに行かずとも、自宅でダウンロードして遊ぶこともできる。

ちなみに、PS4版は自作となる『FIFA 22』の発売前に購入すると追加費用なしでPS5版にアップグレード可能。この辺り太っ腹である。

さて、まずは基本的な対戦で試合勘を取り戻したい。

 

日本人選手では元日本代表の香川真司選手も所属したことがある、イングランドのプレミアリーグの名門チーム「マンチェスター・ユナイテッドFC」を選択して、イタリアのセリエA「インテルナツィオナーレ・ミラノ(インテル・ミラノ)」と対戦してみる。

実際のサッカー中継のようにフィールドを見下ろした視点から、フィールド上の選手を操作していく。

一見すると細かい操作が多そうで難しそうだが、ボタン操作でパスやシュートを出したり操作する選手を変えられるので、基本的な操作は少しプレイしているとすぐに覚えられる。

もちろん、高度なパスワークなどのプレイをするには練習が必要だが、ボールをカットしてドリブルでディフェンスを抜いてシュートを決めるだけでも快感だ。

さながら本物のフランス代表のドリブラーであるアントニー・マルシャルになった気分。

あまりの臨場感に驚いてしまう…!

サッカーファンであればあるほど、実名選手たちとリアルに再現されたフィールドの雰囲気に感動できるはず。

よりガッツリ楽しみたいサッカーゲームファンは、さまざまな特典がついた限定版「Ultimate Edition」(価格 税抜 11,818円・2020年10月6日発売)も要チェック。

 

ダウンロード版はXbox OneやPCでも販売されているので、詳細は公式サイトを要確認だ。

 

© 2020 Electronic Arts Inc. EA, EA SPORTS and the EA SPORTS logo are trademarks of Electronic Arts Inc. Official FIFA licensed product.
© FIFA and FIFA’s Official Licensed Product Logo are copyrights and/or trademarks of FIFA. All rights reserved. Manufactured under license by Electronic Arts Inc.
All other trademarks are the property of their respective owners.

公式サイトはこちら

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

トラックバック