9月9日は「きゅうりのキューちゃんの日」! おかず感覚で食べられる『そぼろ風キューちゃん』新発売

 

東海漬物株式会社(愛知県豊橋市)から『そぼろ風キューちゃん』が9月より新発売。おなじみの『きゅうりのキューちゃん』を食べやすい小粒カットにして、「畑のお肉」といわれる大豆ミートを追加。やみつき必至の甘辛醤油をベースに、ビーフエキスとねぎ油で仕上げた、まさにおかず感覚で食べる新感覚の『キューちゃん』だ。ご飯のお供はもちろん、卵料理をはじめ、ひき肉代わりに使った麻婆豆腐やガパオライスなど、和食、中華、洋風にアイディア次第でさまざまなアレンジが楽しめる。

 

ヘルシーなのに濃厚な味わいで満足感たっぷり!

1962 年の発売から 56 年にわたり、時代のニーズに合わせて進化してきた『きゅうりのキューちゃん』。コクと旨みがタップリで鶏そぼろを食べたような満足感が得られる『そぼろ風キューちゃん』には、かつてないほど食べやすい工夫が盛りだくさん。

小粒にカットされた『キューちゃん』に追加された「畑のお肉」こと大豆ミートとは、大豆を繊維状にしてまるで肉のように加工したもの。見た目も食感もひき肉そっくりなのに、低カロリー&低脂肪かつ、高タンパクという優れモノだ。

しかも本物の牛肉の旨みを凝縮した動物性エキスもプラス。お肉に比べてヘルシーなのに濃厚な味わいで満足感もたっぷりなのだ。

 

卵かけごはんや麻婆豆腐、ガパオライスとも相性抜群!

さらに香ばしいネギの香りの香味油を使用。甘みと辛味が絶妙にマッチしたクセになる味わいで、ホカホカのご飯のお供はもちろん、卵かけごはんや麻婆豆腐、ガパオライスなど、さまざまな料理と相性抜群!

今回は公式ホームページに掲載されているオススメレシピの中から、ふわとろ卵に混ぜた「卵とじ丼」に挑戦してみた。

まずは溶き卵に酒と砂糖を加えて混ぜ合わせる。フライパンに油を熱し、中火で半熟になるまで箸で混ぜながら焼いていく。火を止めてから『そぼろ風キューちゃん』を加え、さっとかき混ぜる。どんぶりご飯の上にのせ、ネギと刻みのりをかけたら出来上がり!

 

時短&節約メニューの参考にアレンジレシピが大活躍

まさにそぼろとしか思えないほどの美味しさで、ふわとろ卵にピッタリ。食べ応えもしっかりあるので、時短&節約メニューとして大活躍間違いなしだ。

公式ホームページには、ほかにもあっという間にできる簡単レシピが沢山紹介されているので、ぜひとも合わせてチェックして欲しい。

 

購入はスーパーや一部コンビニで。

 

公式サイトはこちら

記者

渡邊 玲子

好奇心旺盛で新しもの好き。得意ジャンルはエンタメ、ファッション、美味しいもの。東京都在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック