カテゴリ「食品」の記事:475

お湯を捨てずに調理完了となる画期的なカップ焼そば『日清焼そばU.F.O.湯切りなし あんかけ中華風焼そば』!

 

お湯を入れて数分待って、シンクにお湯を流すとシンクが”ポコンッ”と音を立てるまでがカップ焼そばの風流という人も多いかもしれないが、面倒といえばやはり面倒。そこでお湯を入れるだけ、湯切り不要の『日清焼そばU.F.O.湯切りなし あんかけ中華風焼そば』が登場。一体どんなものが仕上がるのだろう?

続きを読む

刻みタマネギのトッピングとぎっとりラードが特徴の『日清麺ニッポン 八王子ラーメン』の味わいとは?

 

八王子ラーメンと言われても、地方の人にはわかりにくいかもしれない。東京は東京だが、23区ではなく東京都下に位置するのが八王子市。そこに昭和30年代からうっすら存在していたが、地元の人でもあまり知らない超B級麺がこれ。今は町おこしのために人気を加速させている八ラーを題材にしたのが『日清麺ニッポン 八王子ラーメン』だ。

続きを読む

累計1700万個を売り上げる大人気フェイクグルメシリーズ最新作は『ほぼカキフライ』。どこまで近づいた!?

 

まるで本物のような味や食感を再現した練り物製品が、カネテツ“ほぼ”シリーズ。その第4弾となる『ほぼカキフライ』は、家庭での調理が難しく、しかも惣菜や外食では少し高価なカキフライを手軽に楽しめる商品として開発された。はたして、その食感はどれほどカキフライに近づけられているのだろうか。実際に食べてレポートしよう。

続きを読む

牛肉不在の驚きのフェイクグルメ『日清 日本めし スキヤキ牛めし』。創作雑炊とはいえ注意が必要な理由とは

 

でかでかと書かれた”牛めし”の文字に勘違いしないように。蓋にも注意書きされているように”牛肉は入っておりません“。代わりに入っているのは大豆で作った肉。”畑のお肉”などの名称で販売されている大豆粉で作ったフェイクミートである。それを知っていることを前提に『日清 日本めし スキヤキ牛めし』を食べてみた。

続きを読む

麺のモチモチ感はさすがの一言!女性におすすめ『日清ラ王タテカップ やさいタンメン 塩/やさいタンメン 味噌』が地域限定発売

 

“ラーメンの王様”略してラ王から、今までのイメージを覆す女性らしさ溢れる縦型カップ麺『日清ラ王タテカップ やさいタンメン 塩/やさいタンメン 味噌』が関東甲信越地区および静岡県で発売中。フタの上には香味油が別添。ラ王ならではの麺の食感にも期待大。これは本格的な味わいが楽しめる予感!

続きを読む

おしゃれに使える、ミランダ・カー監修のオーガニックな「みそパウダー」!

 

毎日の料理を簡単に、美味しく、自由に楽しめるオーガニックのだし入り粉末みそ『オーガニックみそパウダー野菜だし』『オーガニックみそパウダーかつお昆布だし』が9月上旬より発売予定。マルコメ×ミランダ・カー(トップモデル)のコラボレーションでも注目を集めている。

続きを読む

そんなに糖質が気になるのなら『日清麺なしラーメン 豚骨豆腐スープ/担々豆腐スープ』。開き直りなのか!?

 

糖質制限ダイエットが蔓延している世の中。寿司屋でシャリを残すことから社会現象にもなった。そしてラーメンの糖質アップを担っているのが炭水化物でできた麺。『日清麺なしラーメン 豚骨豆腐スープ/担々豆腐スープ』はまさに逆転の発想。でも、これはアリなのか!?

続きを読む

糖質制限ダイエットにうれしい『明星 低糖質麺 ローカーボNoodles ビーフコンソメ / 鶏白湯』が美味しく変身!

 

糖質制限ダイエットを実践している人にとって、一番の鬼門なのが国民食のラーメンとおさらばすること。しかしこの『明星 低糖質麺 ローカーボNoodles ビーフコンソメ / 鶏白湯』なら糖質50%オフなので大丈夫。そして今回美味しさを高めてリニューアル!

続きを読む

『チーズ鱈 とうもろこし』チーズと鱈に焼きとうもろこし風味がベストマッチ! アイスにも合う!?

 

ミスマッチが実はベストマッチということは往々にしてある。それが、この『チーズ鱈 とうもろこし』だった。お酒のお供として定番となっている「チーズ鱈」に、“北海道の夏”を感じさせる新ラインナップとなることを期待させる新商品だった。

続きを読む

新たな黒歴史とおもいきや!どん兵衛『 完熟とまとうどん』はカゴメトマトピューレが爽やかな味わい!

 

今度こそ売れて欲しい日清の黒歴史トリオ復活、という話題の陰でいつのまにか店頭に並んでいた『日清のどん兵衛 完熟とまとうどん』。また冒険味あふれるこの発想…。まさか新たなる黒歴史? いろいろな想いを込めて。夏真っ盛りの7月31日より今だけの期間限定で発売となったその味を確かめる。 続きを読む