会津天宝醸造の瓶商品人気ランキング1位を試してみた! 消臭効果抜群の『翌日ニオイが気にならないにんにくペースト』で焼肉を楽しもう

 

会津天宝醸造といえば、1871年創業の老舗味噌屋。現在はオンラインショップでも気軽に瓶詰めの味噌商品を購入できるが、今年の9月に新登場するや否や、瞬く間に不動の人気商品を抑えて瓶商品人気ランキング1位になった商品があるという。その名も『翌日ニオイが気にならないにんにくペースト』ということで、にんにく好きの記者がおうち焼肉パーティで早速試してみることに!

 

にんにくの力強い味わいはそのままに気になるニオイが残らない!

左から「大葉みそ」、「にんにくペースト」、「肉みそ」

会津天宝醸造の瓶詰め商品カテゴリ別売上で第3位となっているのは、『たっぷり 肉みそ』(120g・希望小売価格 税抜265円・発売中)。国産豚肉をその名の通りたっぷりと使用。醤油ベースの甘めの味付けで、子どもにも大人気の味わいなんだとか。

売上第2位の『大葉みそ』(120g・希望小売価格 税抜265円・発売中)は、これまで会津天宝醸造で不動の人気だった商品。大葉の香りとピリ辛の唐辛子の相性が抜群の逸品となっている。

そんな老舗味噌屋が誇る瓶詰め味噌たちを抑えて、発売ひと月後の2020年10月に同社調べで単月瓶詰め商品カテゴリ別売上1位に輝いたのが、『翌日ニオイが気にならないにんにくペースト』 (100g・希望小売価格 税抜300円・発売中)だ。

記者はにんにくが大好きで、ラーメン屋にいったときなどは必ずにんにくを適量スープに入れ込むほど。打ち合わせや取材機会がないときは、ニオイを気にせずたっぷりいただくことが多い。

昨今のコロナ禍中、にんにくは記者の大切な栄養要員になってくれているが、身を守ってくれるマスクがアダとなってしまい、自分の口内から立ち込めるにんにくのニオイをダイレクトに嗅ぐことになってしまうのが気になっていた。

『翌日ニオイが気にならないにんにくペースト』は、食べたあと悪臭のもとになってしまうにんにくのニオイ成分・アリシンを植物由来の食後消臭液で包み込んだ「食後消臭化にんにく」を使用している。

そのため、食後のにんにく由来の悪臭が約3〜4時間で消えるという。(効果には個人差がある)

ちなみに、このニオイ成分であるアリシンにこそ、ビタミンB1の吸収を高める働きや風邪予防・食欲増進に効果があるため、ニオイさえなんとかしてしまえば非常に頼もしい存在なのだ。ニオイを気にせずににんにくの美味しさと栄養をWでゲットできるのは記者にとってはかなり嬉しい!

蓋を開けて嗅いでみると、しっかりとしたにんにくのニオイを感じる。

ためしに少し味見してみると、口の中が濃厚なにんにくの香りに包まれていく…。なんとなく味があっさりしているのではないかと思っていたのだがそんなことはなかった。これこれ、この濃厚な味わいを体が求めていたのだ。

 

ガツンとにんにくを! 焼き肉のタレに入れるのがおいしい

さて、今日はホットプレートで家族団らんのおうち焼肉の日。焼肉のタレにたっぷりとペーストを入れ込んで、にんにくをしっかりと体内に取り込む。

タレに溶け込ませやすく、好きな分量を入れやすいのがペーストの利点だろう。がっつりとしたにんにくの味わいと肉の旨味が口内で交わって、シンプルに美味い! 

ニオイが気にならないということで、いつもよりも多めにいただいてしまった。

実験として、食べている最中の食卓ではにんにくのニオイがすると言っていた家族と、翌日の朝から車で出かけてみる。通常であれば家族といえども気になってしまう状況だが、車内でにんにくのニオイはまったく気にならないという回答が! 

かくいう記者もたっぷり食べたにも関わらず、腹の底から漂ってくるようなにんにくのニオイを感じることはない。これはすごい。

どうしても人と接触することになる接客業の方なども、翌日の仕事に支障を出さずに美味しいにんにく料理が食べられる。これは売上1位にも納得だ。

ニオイのせいで、大好きだけれど多くは食べられないと思っていた全国のにんにく好きは、ぜひ一度試してみてほしい!

 

『翌日ニオイが気にならないにんにくペースト』は、会津天宝醸造のオンラインショップで購入可能だ。

公式サイトはこちら

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/official images

トラックバック