ドイツシェアNo.1入浴剤ブランドから『クナイプ リフレッシュスプレー』。バスソルトでおなじみの良い香りで癒やしのマッサージタイム

仕事の合間や1日の終わりに!

 

ふと疲れを感じた時に、いつでもシュッとしてリフレッシュ。首・肩・腰などをほぐしたい時にマッサージとともに使うのが、この『クナイプ リフレッシュスプレー』である。

 

いつでもどこでも手軽にリフレッシュできるクナイプ謹製マッサージ用ローション

ナチュラルな良い香りの入浴剤でおなじみ、ドイツNo.1ハーバルブランド「クナイプ」がクナイプジャパン『クナイプ リフレッシュスプレー』(マッサージ用ローション・150mL・希望小売価格 税込880円)を、今年も数量限定で発売する。制約のある毎日の中、誰もが感じている疲れやだるさは、ハーブの力でリフレッシュすると良いらしい。

「クナイプ」というとバスソルトが有名。バスミルク、美容オイル、ハンドクリーム、ボディクリームなどもある

 

欧州で古くから親しまれるハーブ・アルニカの力で、こってしまったあちこちを癒やせる!

ヨーロッパでは古くから薬草として利用されているハーブ「アルニカ」を配合しているのがポイント。アルニカは、とても薬効の強いハーブのひとつ。アルニカの抽出エキスには消毒作用、血行促進効果、鎮痛効果、治癒力の促進などの作用があると言われており、肩こりや疲労回復、筋肉のコリを解消してくれる。

顔には使用不可!

メントールの清涼感とシベリアモミやマツの安らぐ香りで、緊張した首・肩・腰などをスーッとリセット。

疲れやだるさが気になる部分に、シュッ、シュッ。ウッディ系の爽やかな香りは、男女問わずに使いやすい。首・肩・腰・ボディ用ということで、首や肩にもシュッとしてみるとこわばった部分がゆるむ感覚もあり、思っている以上に気持ちがいい。べたつき感のないサラリとした使い心地も使いやすく、お風呂上がりの火照ったカラダにシュッとするのもおすすめ。

 

『クナイプ リフレッシュスプレー』ウッディ系の爽やかな香りとともに迎える至福のマッサージタイム

描かれている黄色の花が「アルニカ」

1日中立ちっぱなし・座りっぱなしでむくんだ脚にもシュッ。ふくらはぎにスプレーしてもみほぐすと、脚のだるさが和らいでいく。デスクワークでこわばった首や肩にもいい。さらに持ち運びしやすいサイズ感なので、スポーツジムやスパへのお供にも最適だ。プチプラ価格だというのに高品質な爽やかな香り。雨の日が続いてだるいカラダや、これからの蒸し暑い季節にぴったりだと思った。

全成分:水、エタノール、アルニカ花エキス、ローズマリー葉エキス、ヒマワリ種子油、セイヨウアカマツ葉油、ムーゴマツ葉油、オレンジ果皮油、ドイツトウヒ葉油、カンフル、メントール、グリセリン、パンテノール、PEG-40水添ヒマシ油、香料

全国のドラッグストアやバラエティショップなどで発売中。

 

あわせて読みたい:【マスクにも】自分もマスクもいい香りに!『ノーズミント ロールオン 衝撃ミントの香り/シトラスミントの香り』でコロコロスースー

あわせて読みたい:【ハッカ油の使い方】万能すぎる『ハッカ油スプレー』の、お手軽活用アイデアまとめ!

あわせて読みたい:【熱中症対策グッズ】酷暑を乗り切るひんやり快適なアイテムを徹底検証! 新しい生活様式で迎える夏をどう過ごす?

あわせて読みたい:頭を冴えさせたい受験生及び、年がら年中鼻づまり民の味方! マスクにも使えるクールなミントスティック『ノーズミント(NOSEMINT)3色カラーセット ドンキホーテ限定』!

あわせて読みたい:【衣類冷感スプレーで熱中症対策】猛暑を乗り切る2018おすすめクールダウンスプレー比較

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック