食材をそのまま投入できるジューサー『ヒューロムスロージューサー H-200』 でジュース習慣がもっと手軽に!

フレッシュジュース生活がもっと楽しく!もっと手軽に!

 

天然の味と栄養素をそのまま摂ることができるスロージューサー。カラダに良いと分かってはいても、スロージューサーの扱いは面倒なことが多い。そんなイメージを覆したのが『ヒューロムスロージューサー H-200』。食材のカット、投入、本体の洗浄にかかる手間を劇的に改善。毎日の美容と健康に、ジュース習慣をはじめるならこれで決まり!

 

美容と健康にスロージューサーで生きたチカラを補おう!

世界で初めて縦型スロージューサーを開発したHUROM株式会社(東京都中央区)。スロージューサーの特徴は、食材をゆっくり、ギュっと圧し搾るところにある。

野菜やフルーツに含まれる水分を最後まで搾りきるので、そのまま食べるよりもはるかに濃厚な味わいに。

また、食材の細胞をほとんど破壊しないので、栄養もそのまま活かすことができる。

スロージューサーで作るジュースには、生野菜だけがもつ抗酸化成分「ファイトケミカル」も含まれている。

 

しかし、その扱いには手間がかかることが多かった…。

食材を適切なサイズにカットし投入。搾りカスとジュースを受け止めるためのスペースの確保。そして何よりも使用した後のお手入れ。

お手入れの際、分解しなければならないのはもちろんのこと、フィルターの洗浄にとにかく時間がかかったのだ。

その手間を一気に解消したのが、今回ご紹介する『ヒューロムスロージューサー H-200』(W286×D176×H445mm・希望販売価格 税抜59,800円・2020年8月1日発売)

 

メガホッパー、樹脂製フィルターを採用しており、搾汁から片付けまでがスマートに!

場所も、手間も、時間も、今までのスロージューサーとは一線を画す機種となっている。

 

大きな投入口とオートカッティング・テクノロジーにより、ジュース作りが手軽に楽しく!

今までは、食材を投入するためにカットする必要があったが、『ヒューロムスロージューサー H-200』のホッパーの内径は食材が丸ごと入る136㎜と大きめ。

なんとL玉のりんごもそのまま入る大きさだ!

背面にあるのは搾りカスカップ。

従来のものは外側に設置するものだったが、『ヒューロムスロージューサー H-200』は本体に組み込まれているのでスペースを取らないのも嬉しいポイント。

そして、従来のメッシュ製ストレーナーを使わず、樹脂製の内外フィルター(デュアルフィルター)の間で食材を搾汁する世界初の特許“分離搾汁方式”を採用。

フィルターには、粗目フィルター(オレンジ)と細目フィルター(黒色)が用意されている。

パーツ類の組み立てもとても簡単。

使いたいフィルターを選び、ドラムにセットしていく。

上から重ねていくような感覚で、簡単にカチッと組み合わせていくことができる。

そして、下部のドラムと上部のホッパーを取り付けて…

本体にドラムセットを取り付ければ、準備完了!

 

りんごと柿とライムでジュースを搾ろう!

さっそく、りんご、柿、ライムでジュースを搾ってみよう!

今回は、粗目(オレンジ)のフィルターを使用。

よく洗ったりんごは、皮つきのまま丸ごと。柿はヘタと種だけ取り除いておこう。皮はそのままで大丈夫。ライムは皮を取り除いておこう。※りんごは種や芯、柑橘類は皮を取り除くのがおすすめ

今までのように食材を細かくカットする手間がほとんどない。

あとはくだものを投入していくだけ。はじめはちょっとびっくりするかもしれないが、りんごを丸ごとそのままホッパーへ。

次に、ヘタをとった柿加える。

そして皮を剥いたライムも入れる。

ちなみに、食材の投入の順序は特に関係ない。食材がホッパー内の上限マークを超えていなければ大丈夫!

上から覗いてみるとこんな感じ。本当にそのまま果物が入っている。あとはもう搾るだけ!

投入口が広い点は、事前の材料カットの手間を省くだけではない。

従来のものは、投入口が小さく、カットした材料をひとつずつ投入する必要があったが、『ヒューロムスロージューサー H-200』は、材料の一気入れが可能!すなわち、材料投入後スイッチをいれればその場を離れられるというわけ。特に朝はなにかと忙しいから、搾汁中、他のことができるのは嬉しい! 

搾り方は簡単。ジュースカップを手前にセット。

スイッチボタンは背面にある

ボタンは「ON」と「REV(逆回転)」のみとシンプル。ボタンを「ON」にすれば、静かに搾汁がはじまる。

スイッチを入れると、内部にある回転刃が食材をカットし、ドラム部へ押し出してくれる。

金属製カッターを使わず、熱をかけないため、素材そのままの栄養素を摂取することが可能。

 

ゆっくりと回転するので、音も静か。

ジュースを搾っていると、果実のいい香りが漂う。

あっという間にりんごと柿とライムのフレッシュジュースの完成!

りんご2個、柿2個、ライム2個分を投入して、約650ml分のジュースが搾れた。

さっそく飲んでみると、余計なものを入れていない素材だけの美味しさが格別!

栄養素が生きている搾りたてのジュースは、身体にパワーを与えてくれる感じ。

この美味しさは搾りたてでしか味わえないものだ。

 

片付けもこんなに楽になった!

おいしいジュースを搾った後は、片付けが待っている…。

しかし、『ヒューロムスロージューサー H-200』は片付けも簡単!

搾りカスカップを開けると、果物の搾りカスが貯まっているが、しっかりと水気が切れているので、パッと簡単に捨てられる。

そして本体は、組み立てた順番通りに分解して洗うだけ。

搾りカスが残っていたりするが、樹脂製フィルターのおかげで水で流すだけでもほとんど取れてしまう。

洗剤をつけたスポンジで優しく洗えば洗浄完了!

 

普通に食器などを洗っているのと同じような感覚だ。

目詰まりなどがないので、ブラシをつかってゴシゴシする必要もなく、今までとは比べ物にならないくらい楽になっていた。

日々の食生活の改善、美容、健康に。

楽々使える『ヒューロムスロージューサー H-200』があれば、確実にジュース習慣が変わるはず!

これからスロージューサーを使いたい人にも、今まで迷っていた人にもおすすめだ。

 

また、Instagramのヒューロム公式アカウント(@huromjapan)では、期間中に投稿される「#ヒューロムキャンペーン」 のついた写真に「いいね!」もしくは「コメント」をすると抽選で、QUOカードPay10,000円分を10名様にプレゼントするキャンペーンを実施中。(2020年11月30日まで)

 

 

『ヒューロムスロージューサー H-200』の購入は、ヒューロム公式オンラインショップや一部百貨店で。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。アートワークや料理が得意。文具やアートの分野にて講師経験もある。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック