みんなのレシピアイデアを商品化!『レッチャ!大賞シーズニング』 で新たなメニューを食卓に!

食にもっとバリエーションを! シーズニングで新しいメニューに挑戦!

 

寄せられたレシピアイデアを商品化するレシピコンテスト「レッチャ!グランプリ2019」にて大賞を受賞した3つのメニューを、『レッチャ!大賞シーズニング』として新発売。オリジナリティあふれるメニューをおうちで簡単に楽しんでみよう!

 

時短料理やあともう一品に便利なシーズニングをもっと使ってみよう!

エスビー食品株式会社(東京都中央区)が主催するレシピコンテスト「レッチャ!グランプリ」は、ユーザー参加型のネットレシピ商品化企画。一般の消費者から食に関するアイデアを幅広く募集している。

 

ちなみに「レッチャ!」とは、「レシピチャレンジ」に「レッツチャレンジ」の意味を込めた造語。

オリジナルレシピが商品に!?

そしてこの度、第一回目の開催となった昨年の「レッチャ!グランプリ 2019」にて大賞を受賞した3メニューがシーズニングミックスとして登場した。

じゃがいもとピーマンのインド風スパイス炒め「ポリヤル」、鶏肉とパプリカのメキシカン炒め「ファヒータ」、クローブ香る鶏肉のマーマレード風ソテー「オレンジチキンソテー」がある。

その中から、『レッチャ!大賞シーズニング ポリヤル』 (14g・希望小売価格 税抜110円・2020年10月5日発売※期間限定)をご紹介。

「ポリヤル」とは、南インド風の野菜炒めのこと。用意する食材はじゃがいもとピーマン。

2人前×2回分。1袋あたり7g。小袋に入っており、1回使い切りタイプなので量る手間もない。

ローストクミン、マスタード、ガーリックなどがブレンドされている。

封を開けるとスパイスの刺激的ないい香り。

クミンシードや粒々としたマスタードなどがそのまま入っているのが分かる。

作り方も簡単。じゃがいもとピーマンは1㎝角くらいの大きさにカットしておこう。

加熱目安:600Wで約4分

じゃがいもはラップをして電子レンジで加熱。柔らかくなればOK。

ピーマンを中火で3分ほど炒めていく。

一旦火を止めて、じゃがいもとシーズニングミックスを加えた後、再び火をつけて軽く炒め合わせていこう。

加熱することでスパイスの香りがグンと引き立つ。

 

自分では思いつかない味付けを手軽に!

インド風スパイス炒め「ポリヤル」の完成!

インドやネパール系のカレーレストランで付け合わせとして出てくるあの味そのもの。

スパイスの香りがきいていて、ついつい手が止まらなくなる。

確かにこの味わいは再現しようと思っても、難しいかもしれない。それが、シーズニングで簡単に作れてしまうのがうれしい。

 

おうちでも、インド風のレトルトカレーやシーズニングで作ったタンドリーチキンなどと一緒に盛り付ければ、簡単にインド風の定食が楽しめそうだ。

あともう一品やお弁当のおかずとしてもおすすめ。

 

2020年の受賞作品にも期待! 商品化に向けてチャレンジ中!

おうち時間が増える中で、家庭での食のバリエーションが求められている今、シーズニングミックスで簡単に新しいメニューに挑戦できるのがいいところ。

混ぜるだけで簡単においしい一品ができる

あれこれ色々なスパイスを買う必要がなく、ブレンドに迷うこともない。

味付けがワンパターンになりがちな人にもぜひ使ってみてほしい。

「レッチャ!大賞シーズニング」は、2021年9月までの期間限定で発売中!

 

「レッチャ!グランプリ」は本年も開催されており、9000を超える応募レシピの中から大賞が選ばれた。こちらのレシピも商品化に向けて、チャレンジがスタートしている。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。アートワークや料理が得意。文具やアートの分野にてインストラクター経験もある。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック