UVとオゾンの力で99.9%除菌! 大容量おもちゃ箱『除菌BOX JOYKING』で何でも除菌しちゃおう!

 

赤ちゃんっておもちゃをベロベロ舐めがち。汚れや菌が心配だけど、毎回除菌シートで拭くのも限界がある…。そんなお悩みは、除菌ができるおもちゃ箱『除菌BOX JOYKING』で即解決! 大容量なのでおもちゃに限らず何でも除菌しちゃおう!

 

UVとオゾンの力でダブル除菌! 『除菌BOX JOYKING』

株式会社シャイン(東京都中央区)は、メカトロニクス技術を生かした製品を生み出している玩具メーカー。今回ご紹介するおもちゃ箱にもまさにそんな専門技術が活かされている。

『除菌BOX JOYKING』(希望小売価格 税抜6,980円・2020年9月下旬発売)はただのおもちゃ箱ではない。なんと、入れるだけで99.9%除菌ができるのだ!

秘密はUV(紫外線)とオゾンのダブルの力。

フタに付いたLEDユニットがおもちゃ表面にUVを照射。UVが行き届かない角や隙間はオゾンが入り込むことで、全体をくまなくしっかり除菌してくれる。

しかも嬉しい大容量!

大量のおもちゃはもちろん、バッグや帽子など身の回りの物を何でも入れられるのだ。さっそく使ってみよう!

 

ポイポイ入れてボタンを押すだけ! 60分ですっきり除菌

まずはサイズ感をチェック。30cm四方のBOX型で、容量は27,000㎤。

小ぶりのバッグを入れるとこのようにすっぽり入り、まだまだスペースに余裕がある。

厚みのある生地なので、組み立て式でも安定感がありしっかりとしているのもポイント。

使い方は簡単。除菌したい物を中に入れ、フタを閉めたら除菌ユニットをセット。

ボタンを長押しすればLEDが緑色に光り、まずはUV照射がスタートする。15分後にはLEDが赤色に変わり、オゾンによる除菌に切り替え。

およそ45分でLEDが消灯すれば、除菌は完了だ!

起動中は無音で、フタを開けてみても無臭。

菌の増減はもちろん目に見えるものではないが、第三者の調査機関(株式会社食環境衛生研究所)でもその除菌効果は実証済みなので安心だ。

 

入れてボタンを押すだけでこんなに簡単に除菌できるなんてラク以外のなにものでもない。

バッグは外出先で床に置いてしまったりすることもあるので、家に帰ってこのBOXに入れるだけで除菌できるのならとても嬉しい。

中身も一緒に除菌できるようにバッグは口を開けて入れるのがおすすめだ!

我が家には乳児がいるので、おもちゃ舐め問題にはいつも頭を悩ませている。ガラガラや積み木、おしゃぶりまで、がさっと一気に除菌してしまおう!

普段使っているおもちゃを次々に放り込んでみたが、片手サイズのものなら10個以上余裕で入った。

 

遊び終わったおもちゃをこのBOXに収納して、ポンっと除菌。これなら次に使う時も綺麗な状態が保たれているから安心だ。

 

また、リュック・帽子・名札などの幼稚園グッズも一度に入れられたので、こどもが家に帰ってきたらこのBOXに身の回りの物を入れることを習慣付けておくのもいいかもしれない。

除菌の途中で子どもがフタを開けてしまう場面もあったが、安全装置が振動を感知し自動で電源を切ってくれた。

電源は単4電池4本、もしくはUSBケーブル接続のどちらにも対応している。

我が家ではおもちゃ置き場や玄関先など移動させて使うことが多かったので、電池対応なのは嬉しかった!

ちなみに、使わない時はこのように折り畳めるので収納場所にも困らない。

このように『除菌BOX JOYKING』は、ガサツだけど清潔がいい、そんな欲張りな記者にはぴったりのアイテムだ!

 

一家に一台で楽々除菌生活!

このように、おもちゃだけでなくバッグなど身の回りの物、さらにはスマホやタブレット、エコバッグなど何でも除菌できる『除菌BOX JOYKING』は超優秀!

除菌がスタンダードになった新しい生活様式の中では、一家に1台備えておきたい必需品と言っても過言ではないだろう。

 

購入は国内の玩具・雑貨取り扱いの販売店、または販売サイトなどで。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

Mugi

Mugi

3歳・1歳の2人の男の子を育てる在宅ライター。食・インテリア・コスメ・子育て系のコラムをはじめ執筆ジャンルは多岐にわたる。得意なことは料理と着付け。大阪府出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック