可愛いスヌーピー柄が登場! 『JOYKING(ジョイキング)』でおもちゃを除菌しながら収納しよう

スマホ、タブレット、帽子にエコバッグ…おもちゃ以外もなんでもOK!

 

小さな子どもは、身の回りのものを口に入れがち。パパ・ママは、おもちゃひとつにしても「それって本当にキレイ? 舐めちゃってるけど大丈夫…!? 」とヒヤヒヤしてるに違いない。それなら『除菌BOX JOYKING(ジョイキング) スヌーピー スクールバス&ビーグル・スカウト』で可愛く収納がてら、まとめて除菌しちゃおう!

 

除菌できるおもちゃ箱『除菌BOX JOYKING』

株式会社シャイン(東京都中央区)が販売する『除菌BOX JOYKING(ジョイキング)』は、革新的なおもちゃ箱。UV(紫外線)とオゾンのダブルの効果で、中に入れたものを手軽に除菌できるのだ。

今回新たに登場したのは新作のスヌーピー柄2種類。

左:スクールバス 右:ビーグル・スカウト

『除菌BOX JOYKING(ジョイキング) スヌーピー スクールバス/ビーグル・スカウト』(価格 税込9,350円・2021年6月中旬発売予定)は箱の本体に愛らしいスヌーピーのイラストがデザインされている。

 

入れて押すだけですっきり除菌! おもちゃだけでなく身の回りの物にも◎

さっそくデザインや付属品からみていこう。

大きさは30cm四方のBOX型。容量は27,000㎤と、たっぷりサイズといっていいだろう。スクールバスを運転するスヌーピーと、お行儀よく座るウッドストックたちがキュート! 全体が黄色に統一されているのもすっきりまとまっていていい。

生地は厚みがあり、組み立て式でもしっかりとした安定感。畳むと高さはわずか7㎝ほどなので、使わない時の収納場所にも困らない。

付属品はこちら。UVユニットは取り外しできるので、除菌しない時は外しておける。専用のケーブルが付いているが、単四電池4本を入れれば持ち運んで使うこともできる。

さっそくおもちゃを入れてみよう。ガラガラやぬいぐるみなど、1歳の娘が舐めまくっている物たちだ…。

このサイズなら何個入るだろうか…とにかくまだまだ入る。色々試してみたが、プラレールなら20個以上、シルバニアなら30体以上は余裕で入った。

除菌したい物を入れてフタを閉めたら、除菌ユニットをセット。

ボタンを長押しするとLEDランプが緑色に光った。ここから約60分かけて、UV照射(15分)→オゾン除菌(45分)とじっくり中身を除菌してくれる。LEDランプが消えたら除菌は完了!

起動中は無音。途中で子どもが誤って除菌ユニットをはずしてしまっても、安全装置が自動で作動して電源を切ってくれるので安心だ。

でも99.9%除菌されているというからすごい! 娘がおもちゃを口に運ぶたび「ちょっと待って…! 」と除菌シートで拭き拭きしていたあの努力は何だったのだろうか。ぽんぽん放り込んでスイッチを入れるだけで除菌してくれるのだから、こんなに楽なことはない。

 

もちろん、すぐに遊ばなければそのまましまっておけばいい。次に使うときはキレイな状態なので、お友達が来ても安心しておもちゃを貸してあげられる。

※:すべての菌に対して効果があるわけではない。ボックス内でUVが当たるところに対する効果に限る。

 

子ども部屋に玄関に、家中持ち運んで楽々除菌!

『除菌BOX JOYKING』の記者的おすすめの使い方は、玄関先に置いておくことだ。パパは会社から帰ればスマホとタブレットをぽいっ、ママは買い物から帰ればエコバッグの中身を広げてぽいっ、子どもたちは幼稚園から帰ればリュック・帽子・名札などをぽいっ。

 

玄関で出迎えてくれるスヌーピーBOXに身の回りの物を入れることが習慣になり、生活の中に除菌を組み込めるようになった。スプレーを振りかけまくるよりはるかに楽で安心だし、長い目で見ればコスパもいいだろう!

 

除菌は正直面倒…でも優秀な除菌BOX、そしてスヌーピーの力を借りれば楽しくなる! 家族みんなの安心のため、一家に1台取り入れてみてはいかが?

購入は国内の玩具・雑貨取り扱いの販売店、または販売サイトなどで。

© 2021 Peanuts Worldwide LLC

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

Mugi

3歳・1歳の2人の男の子を育てる在宅ライター。食・インテリア・コスメ・子育て系のコラムをはじめ執筆ジャンルは多岐にわたる。得意なことは料理と着付け。大阪府出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック