手軽に自宅でバーガー屋さん♪ 『冷凍ライスプレート』で簡単ライスバーガーを作っちゃおう

子供も大人も、そのままでもアレンジしても楽しめる!

 

自炊需要の高まりから、自宅で料理を楽しもうという動きが活発だ。家庭での食事の楽しみ方が再注目される中、好きな具材を挟むだけで、飲食店などで人気の「ライスバーガー」が自宅で手軽に楽しめる『冷凍ライスプレート』が新発売した。子供から大人まで楽しめる『冷凍ライスプレート』は、楽天「ミツハシライスショップ」で購入可能! その気になる味や使い勝手をレポートしてみたい!

 

お米の専門メーカーが作った「楽しみ♪ おうちごはん」シリーズ第二弾

ハンバーガーショップなどの飲食店で見かけるライスバーガーだが、バーガーとは何故こうも心踊るのだろう。『冷凍ライスプレート』(1,000g/箱 50g×20枚入り・税込価格 2,170円・2020年8月1日発売)は、そのワクワクが自宅で体感できる冷凍食品だ。

 

発売する株式会社ミツハシ(神奈川県横浜市)は、精米、無洗米、玄米から炊飯・加工・冷凍商品まで、お米に関する全てを取り扱っている専門メーカー「ミツハシライス」。

 

ネタをのせるだけで握り寿司ができる「冷凍しゃり玉」は、ひと手間加えるだけでパーティーごはんが楽しめる「楽しみ♪ おうちごはん」シリーズとして、テレビでも取り上げられた人気商品だ。記者もテレビを観て、興味をひかれた記憶がある。

そのシリーズ第二弾として、今回は「ライスバーガー」。これは面白そう! 

『冷凍ライスプレート』は、プレート型にしたごはんを素焼きし、鰹や昆布の出汁が効いた醤油を噴霧して再度焼いている。更にもう一度焼くことで味を引きたて、様々な具材と相性の良い、風味豊かな醤油味に仕上げている。

野菜など素朴な具材から、肉や魚などのスタミナ系まで合わせやすいのが特徴だ。

 

使い道はアイデア次第! レンジで楽しくパーティーごはん

手に持っても崩れない固さ

1枚の重さは50g。直径約7.5㎝、厚さ1㎝の円盤状だ。

このサイズは具材をのせたときの、皿の役割と手のひらで持ちやすさを考慮して設計されているのだとか。薄く感じるが、確かに持ちやすい。

使い方も超カンタン! 好きな枚数を凍ったまま耐熱皿にのせ、ラップをかけて電子レンジでチンするだけ。

そのまま食べてみると、香ばしい醤油の風味が広がる。

香り良く焼きあがった表面に、中はふっくらもちもちとした食感だそのままでも美味しく、焼きおにぎり感覚で食べられるので、1枚ぺろっと食べてしまった。

 

お米の味を堪能したら、色々乗せたり挟んだりして楽しもう!

 

のせるだけ! オシャレな「カナッペ風 オン・ザ・プレート」

公式サイトでは、『冷凍ライスプレート』に具材をのせるだけで、見栄えも良いパーティーごはんになる「カナッペ風 オン・ザ・プレート」が紹介されている。例えば、ごはんと相性の良い焼鳥や鯖味噌煮の缶詰をのせるだけ。少しひねって錦糸卵としらす、海苔をのせるだけなど、アレンジはアイデア次第で無限だ。

 

また、香ばしい醤油はお酒にも合う。

チーズや海苔、カニカマなどを足すだけでも、十分おつまみになる。記者は半熟の味玉をクラッシュしてのせてみたが、『冷凍ライスプレート』の香ばしさと合う! 

ビールはもちろん、具材次第で様々なお酒に合わせられそうだ。

 

挟むだけ! ボリュームのある「ライスバーガー」

もちろん挟んで楽しむ王道「ライスバーガー」も外せない。温めた2枚のライスプレートで、好きな具材を挟むだけ。

公式サイトでは王道の具材、きんぴらやプルコギ風焼肉、ハンバーグなどが紹介されている。調理済みの具材を使えば、料理の手間がかからない。

ちなみに記者はハンバーガーに良くある、ベーコンと目玉焼き、レタスを挟んでみたが、ライスバーガーでも美味しかった。

からしマヨネーズを足すのがオススメ!

また子供と一緒に、おやつやお弁当でハンバーガー屋さんごっこや、ピクニック気分で楽しめる。好き嫌いが多い子供や食が細い子供も、たくさん食べてくれそう!

『冷凍ライスプレート』は、大人数はもちろん、一人暮らしでもオススメ。

そのままでも美味しいので、忙しい朝や、ごはんを炊きたくない時に、味方になってくれる。好きな具材と一緒にストックしておくと良いかも!

気になる方は、楽天「ミツハシライスショップ」をチェック!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック