常識を覆す“ネオ整髪”。ベタつかない『YANAGIYA ウォーターポマード』で色気漂う男へ

 

男であれば誰しも俳優やモデルのような、動きとツヤ感があり、色気の漂う大人っぽいヘアスタイルを自分も実践したいと思うのではないだろうか。記者はそうである、ゆえに多くのヘアワックスを試してきた。ヘアバームやヘアオイルなども。そしてついに、出会ってしまった。まさかそれがポマードであるという新鮮な驚き。今回は大本命の整髪剤、『YANAGIYA ウォーターポマード』の素晴らしさについて語りたい。

 

最高にクラシックなウェットヘアが一瞬で手に入る現代版ポマード

株式会社柳屋本店は1615年創業の“日本でもっとも歴史のある”化粧品会社である。名に「柳」を冠する通り、創業以来大切にし続けてきたのは植物素材を用いた最良の品質。代名詞とも言える「柳屋ポマード」に代表される整髪剤のほかにも、育毛剤や香水、ボディケアアイテムなど身だしなみを整え、生活の質を上げる商品が充実している。

今回ご紹介するのは、ロングセラー商品である従来の油性ポマードではなく、水溶性の『YANAGIYA ウォーターポマード』(110g・オープン価格・販売中)。ポマードと聞くと「ベタベタしてそう」「今っぽくない」というイメージを持たれる方も多いかと思うが、この商品は若者にもぜひ試してほしい、“ネオ整髪剤”とでも呼びたくなるヘアアイテムだ。

まずパッケージからしておしゃれ。アメリカンでレトロチック。ワンランク上の大人メンズが持つネオスタイリング剤は、包装までクールなのだ。

そして中身は、“ウォーター”ポマードをイメージしたガラス製の容器に気分が上がる。蓋を開けると鼻腔をくすぐる、クールシトラスの香りが爽やかだ。

 

こだわり抜いた植物エキスで髪を守る!

記者はこれまで、髪へのダメージを懸念して、今までヘアバームとヘアオイルを合わせてスタイリングをしてきたのだが、この『YANAGIYA ウォーターポマード』には5種類の植物抽出エキスが配合されている。

 

<レモン・ホップ・スギナ・セイヨウアカマツ・ローズマリー>からなるその保湿成分によって、髪のコンディションを整えつつ思い通りのスタイリングができるのだ。

 

色気漂う濡れ髪がベタつかずに手に入る!

整髪には、ウォーターポマードを適量手に取って十分に手のひらに広げてから、髪に馴染ませて整えていくのだが、手に取ってみてさっそく驚いた。

水溶性なので油っぽいベタつきが一切なく、伸びも良い。ヘアワックスのような手軽さでヘアスタイリングができてしまう。

スタイリング前

ヘアオイルだと、潤いとツヤは得られてもボリューム感がなくなったりしてしまうが、このウォーターポマードでは、水に濡れたような落ち着いたツヤとしっかりしたキープ感が一日中続くのだ。

清潔感のあるスタイルが出来上がり

そのツヤ感はギラついた下品なものではなく、大人っぽいクールなもの。そして自由に毛先の束感を作れるところが嬉しい。

 

使用する量によってツヤ感とスタイリングを調節!

ウォーターポマードの使用する量によっても、ヘアスタイルの印象はぐっと変わる。

少量であれば自然なツヤのナチュラルスタイルに、量をさらに増やしていけばしっかりしたツヤと美しい流れを表現&キープできる。

つまりその日の気分のヘアスタイルが『YANAGIYA ウォーターポマード』ひとつで可能になるのだ。ヘアスプレーでシルエットを頑張ってキープしていた“過去の自分”ともオサラバできる。

また水溶性なので簡単に再整髪ができ、常にベストなヘアスタイルを保持し続けることができるのも嬉しい。ちょっと付け過ぎたかな、と思ってもベタッと重たい印象にならず、色気のあるタイトなスタイリングに仕上がってしまう。

 

ウォーターポマードは洗い落としやすいから安心

油性のポマードとは違い、ウォーターポマードは落としやすいという利点がある。実際にシャンプーしてみると洗い落としの良さに驚いた。これなら普段使いしてもまったくストレスにならないと思った。

ヘアワックスでは表現できない色気のあるツヤやウェット感を出し、ワンランク上の色気漂う大人チックなヘアスタイルを手に入れたいおしゃれメンズは、ぜひこの『YANAGIYA ウォーターポマード』を一度お試しあれ。身だしなみで他と差をつけられる男は、仕事やプライベートも充実するに違いない。

『YANAGIYA ウォーターポマード』は全国の量販店、ドラッグストアにて発売中。

 

公式サイト 商品詳細はこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

タカセ

タカセ

文系出身ライター。女性ばりに美容に関心がある。読みやすい記事を書くことがモットー。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック