【新旧飲み比べ】40年の歴史に白黒つけたグリコ『カフェオーレ』! 味も見た目も大刷新であの甘さが……!?

ガラッと変わった!

 

「白黒つけないカフェオーレ♪」のお馴染みのフレーズで約40年間親しまれ続けてきた江崎グリコのあの『カフェーレ』が、ついに白黒をつけて大幅リニューアル! 砂糖を50%カット※し、生乳の美味しさを引き出した大人も楽しめる味わいとなった。そして、ついにお馴染みのストライプ柄パッケージも新たな姿へ……! 令和2年、すべてが生まれ変わった『カフェオーレ ORIGINAL / コーヒー濃いめ / たっぷりミルク)』の味を確かめよう。

※砂糖カット率…『カフェオレ ORIGINAL』50%、『同 コーヒー濃いめ / たっぷりミルク』25%、

 

甘いカフェオレのイメージ払拭!? 令和最新バージョンは砂糖最大50%カットで糖質を抑えたすっきり大人の味わいに!

1979年に発売されて以降、幅広い世代に親しまれ続けている『カフェオーレ』は、ミルクの優しいハーモニーが特長のコーヒー乳飲料。Pキャンと呼ばれる紙でできた缶のような形状の容器とコーヒーとミルクが混ざる様子を表現したストライプ柄がトレードマークの甘い味わいが印象的なドリンクだ。その濃厚な甘さとミルク・コーヒーの味わいに学生時代にハマった人も多いのではないだろうか。かくいう記者も10代のころはずっと飲んでいた記憶がある。

フランスで愛されていた「カフェ・オ・レ」にヒントを得て開発され、その後約40年間コーヒー豆や分量の見直し、パッケージの変更などがされ続けてきた。そのリニューアルの回数は実に18回。その間も決して白黒つけないミルクとコーヒーの味わいを守り続けていた。

左から『カフェオーレ コーヒー濃いめ』『同 ORIGINAL』『同 たっぷりミルク』

だが、発売から41年目となる令和2年、ついに白黒をつける史上最大のリニューアルへと踏み切った。新『カフェオーレ ORIGINAL / コーヒー濃いめ / たっぷりミルク』(180ml紙パック・希望小売価格 税抜105円・2020年3月16日発売)は、飲んだ瞬間のコクはそのままに、砂糖の量を50%カット。代わりに生乳本来の美味しさを引き出したスッキリとした後口の大人でも楽しめる味わいになったという。その進化した味わいを確かめてみよう。

 

さらば、お馴染みのストライプパッケージ

実は今回の大幅リニューアルによって白黒が付いたことで、パッケージも大きく変更となった。そう、お馴染みのストライプ柄がなくなり、シンプルでスタイリッシュなデザインへと変わったのだ。

左が新『カフェオーレ ORIGINAL』、右が旧『カフェオーレ ORIGINAL』

ひと目で見てわかるストライプ柄のままでは、せっかくのリニューアルに気づかれないかもしれないというデメリットがある。40年の歴史から一転するのは相当の覚悟だっただろう。懐かしのパッケージがなくなるのは寂しいが、令和の時代も『カフェオーレ』が続いていくのなら受け入れるしかないのだ。

 

新旧『カフェオーレ ORIGINAL』を飲み比べ

まずは王道の新『カフェオーレ ORIGINAL』から飲んでみよう。こちらは旧『カフェオーレ ORIGINAL』と飲み比べをしてその味の違いを確かめてみる。

生乳22%使用

パッケージは光沢で高級感のある金色。上部にある飲み口のシールを開けてストローを差しひと口。すぐにわかったのが生乳のまろやかな味わいと乳脂肪の甘さ。それでいてすっきりとした後味ですぐに次のひと口が飲みたくなる味わいに仕上がっている。

液色はほぼ同等

砂糖をカットした分、甘味料で甘さは補われているのだがミルクらしい味わいが前に出ているので嫌な感じもなくごくごくと飲める。旧『カフェオーレ』を飲むとその差は歴然。砂糖の甘さが全面に出ており、コーヒーをブラックで飲む記者の味覚には甘すぎる。確かにこれは大人向けの味わいだ。

成分は甘味料が加わった

コーヒーの風味は旧『カフェオーレ』の方が感じるのだが、飲みやすさ・口当たり・後味のトータルで考えると新『カフェオーレ』が圧倒的に美味しい。砂糖のカットに伴い糖質も34%カットされているので、健康を意識する人にもおすすめだ。

1本あたりのエネルギーは98kcal、糖質は14.9g。カロリーも糖質も大幅カット

 

『カフェオーレ コーヒー濃いめ』

続いて、『カフェオーレ コーヒー濃いめ』を飲んでみよう。こちらは『カフェオーレ ORIGINAL』の2倍のコーヒーを使用しており、アラビカ種コーヒー豆の味わいをより味わえるようになっている。

コーヒーらしさを表現した茶色のパッケージ

よく振った後、口に含んで驚かされたのがそのコーヒーの味わい深さ。カフェオレはどうしてもコーヒーの風味がミルクの味に埋もれてしまいがちだが、こちらはしっかりと香りが立っておりコーヒーに近い味わいを感じられる。

1本あたりのエネルギーは85kcal、糖質は14.4g。液色も濃いめ

おそらく甘さは『カフェオレ ORIGINAL』と大差ないのだが、後味に苦みが感じられるので全体がぎゅっと引き締まりより大人の味に仕上がっている。コーヒーの味わいは好きだけど甘すぎるから敬遠していた、という人にぴったりだ。

 

砂糖を25%、糖質を26%カットした分、生乳と甘味料が甘さを補っているが、記者的にはもっと甘さ控えめにしてコーヒーらしさを出して欲しいくらい。それくらいコーヒーの風味が美味しい1品だった。

 

『カフェオーレ たっぷりミルク』

最後は『カフェオーレ たっぷりミルク』。『カフェオーレ ORIGINAL』の2倍のミルクのコクを実現した生乳本来の美味しさを楽しめるようになっている。だが、使用している生乳は7%とかなり少なめ。先ほどの『カフェオーレ コーヒー濃いめ』ですら15%使用していたのに、本当にミルクの味わいはするのだろうか。

ミルク感を思わせる白のパッケージ

ストローを差してごくりとひと口。なるほど、これは確かにミルクのコク2倍の味わいだ。一言で表すなら、ミルキーな甘い味わい。ミルクの甘みを凝縮して取り出し、ほんの少しのコーヒーをブレンドしてしつこさを抑えている。この味わいはこれまでの2つの比ではないくらい甘い。砂糖25%、糖質26%をカットしたと言われても信じられない。

1本あたりのエネルギーは112kcal、糖質は14.8g。液色はかなりミルク寄り

後味は比較的スッキリしているが、ミルキーなコクとまろやかさが残りずっと生乳本来の味わいを楽しめる。なるほど、7%でこのコクなら十分に満足だ。

 

購入金額分が返ってくる全額お返しキャンペーン実施中

リニューアルに伴い、ツイッターで全額お返しキャンペーンを実施中だ。新『カフェオーレ』の感想をハッシュタグ「#新カフェオーレ」をつけてツイッターに投稿すると、毎日抽選で1,000名にカフェオーレ1本分(相当)のAmazonギフト券120円分(Eメールでお届け)もしくはLINEポイント(120ポイント)がプレゼントされる。

白黒をつけて全く違う味わいとなった『カフェオーレ』。仕事で疲れた大人のあなたにこそ、優しい甘さで心を癒してほしい。

 

全国のスーパー、コンビニで発売中。

 

あわせて読みたい:【食べ比べ】『アーモンドチョコレート<黒糖きなこ>/春のはなやぎアーモンドピーク<はちみつ仕立て>』はどんな香ばしカリッ?

あわせて読みたい:『アーモンドショコラ<ミルクティー>』手軽に買えるけど手が込んでる人気シリーズにアッサム紅茶葉の濃厚アロマ搭載のニューフェイス!

あわせて読みたい:パン屋さんでしか買えない!? 『パン好きの牛乳』『パン好きのカフェオレ』をパンと一緒に味わった

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック