3分待つだけでミシュランの味!『一度は食べたい名店の味 八雲監修の一杯 ワンタン麺 白醤油味』を食べてみた!

たぶん一度じゃ済まない…

 

ちょっと小腹が空いた時、カップ麺の存在はありがたい。しかし、どうせならカップ麺でもこだわりの逸品をいただきたいというのは、腹ペコの贅沢だろうか。このたびエースコックより登場した『一度は食べたい名店の味 八雲監修の一杯 ワンタン麺 白醤油味』は、ミシュランガイドにも掲載された人気店の味をカップ麺で再現。気軽に名店の味が食べられる贅沢をご紹介する!

 

ミシュラン掲載も果たした世界的評価の名店「八雲」の味をコンビニで買って食べられるとは!

ストレートなネーミングとなっている、エースコックの『一度は食べたい名店の味 八雲監修の一杯 ワンタン麺 白醤油味』(内容量 89g/麺70g・希望小売価格 税抜220円・2020年2月3日発売)。一度は食べたい名店と言わしめているのは、東京・池尻大橋にあるミシュランガイドにも掲載された大人気店「八雲」だ。自らが監修を行い、カップ麺でその味を再現している。

フタの上には液体スープがくっついている。これを加えることで、白醤油の旨みと香りをカップに注入できるのだ。

フタを開けてみるとワンタンがお目見えする。中にはかやく袋などが入っていないので、取り出す手間もなければ間違って取り出さずにお湯を注いでしまう心配もない。

フタは半分しか開けないため見逃しがちだが、必ずワンタンの上に熱湯を注ぐようにとの注意書きが描かれている。

 

こだわりのワンタンをしっかりと味わうためにも、適当に注がないようにしよう!

ワンタンにお湯をかけていく。あとはフタを閉めて液体スープを温めつつ、3分待つだけ。この時期に寒空の下で行列に並ぶのに比べたら早いもの!

3分経ったら液体スープを注入。ワンタンを崩さないようにしつつ、かき混ぜていただくことに。

ワンタンにいきたいところだが、じっくりスープを染み込ませてからいただきたい派なので、まずは麺から! 太すぎず細すぎない絶妙な麺にスープが絡み、すする口が止まらない味わい。

魚介の旨味を感じつつも、チキンをベースにした白だしと白醤油のブレンドによって、濃くなくあっさり飲みやすいスープだ。なるほどと唸る独自の味わいは、ぜひ実店舗でも試してみたい!

いよいよワンタンをいただく。スープが沁みて非常にジューシーな味わいに。全体的にマイルドなので、食べたあとの胃もたれなども気にならなそう。

「八雲」の味を知っている人も知らない人も、お手軽にコク深い味わいを楽しめるので、カップ麺な気分の日にぜひ手に取ってほしい!

 

『一度は食べたい名店の味 八雲監修の一杯 ワンタン麺 白醤油味』は、全国のスーパー・コンビニなどで購入可能だ。

 

あわせて読みたい:ワンタンのマルちゃんならではの美味ワンタン麺『マルちゃん ワンタンラーメン しょうゆ味』は、後味酸味が個性的!

あわせて読みたい:東京・池袋発『一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA』はコンビニ限定発売!

あわせて読みたい:お帰りなさい、『マルちゃん 激めん ワンタンメン』。リニューアルを機に再び全国市場へ返り咲きしたカップワンタン麺の伝説

あわせて読みたい:平打ち麺を醤油クリアスープで味わう白河ラーメンの本家監修『とら食堂 ワンタン麺』がドロドロに辟易したラーメンファンを救う!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

加藤 真大

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック