緊急時の備えに。ペットハウスをそのまま背負える『コムペット バックパック パエナ』で大切な家族を守る!

ドーム型のハウスにもなるリュック型の多機能ペットキャリー

 

近頃、後を絶たない災害のニュース。ペットと暮らす人には、どうしたらスムーズに避難できるか悩むこともあるだろう。今回ご紹介する『コムペット バックパック パエナ』は、普段はハウスとして使用することが出来て、お出かけや災害時には、リュックとして使用できるという、ハウスをそのまま背負って移動可能という画期的アイテム!

 

普段はハウスとして使用できる『コムペット バックパック パエナ』

発売するコンビ株式会社(東京都台東区)は、1957年に創業して以来、半世紀以上にわたりベビー用品を展開し続けている。同社が1998年に開発した「エッグショック」は、ベビーカーやチャイルドシート等に使われている、卵も割れないほどの「超・衝撃吸収素材」。

これをペットカートにも使用し、長年培ってきたベビーカーの技術とノウハウを使ったペットのためのブランド「コムペット(compet)」が誕生した。

そのブランドから発売されている『コムペット バックパック パエナ』(W350×D260×H480mm・メーカー希望小売価格 税抜12,000円・発売中)は、ペットハウスとしても使える多機能なリュックタイプのキャリーバッグ。耐荷重は13kg以下なので、小型犬や猫のお出かけ用に丁度良い。

移動しない時は、床に置いて出入り口を開けておけば、ハウスとしても使用が可能だという。旅行先や災害時などの慣れない場所でも、安心する空間を作ってあげることができるので、外出が苦手な猫にもピッタリだ。

さらに出入り口はファスナー式なので、やんちゃな犬・猫でも飛び出しにくい仕様になっている。

小型犬でも問題なくおさまる

記者宅の猫は、胴体が少し長い大型の猫。実際に広げた状態だと、幅はやや狭いが縦に長いので、大きめの猫なら箱型の状態でピッタリおさまるサイズ感だ。

本体の重量は1.6kgと、手に持つと少しずっしりとしている。しかし、造りはしっかりしていて頑丈そう。

ペットが入っている状態でも、しっかり形をキープしていられるので、人混みの中を移動しても安心だ。

 

ランドセルのような安定感の『コムペット バックパック パエナ』

記者宅の猫は大きさの割に重さは、5kg強のスリム体型。しかし、バックと合わせて水や小皿、おやつを入れると10kg近くの重量になる。実際に背負うと結構な重量感が肩にのしかかった。

『コムペット バックパック パエナ』には腰と胸にベルトがあり、これを留めると重さが少し楽になる。歩いた時にバックパックの揺れが軽減するので、留めた方が動きやすい。

背中と腰のクッションが安定感◎

そして、リュックのストラップや背中、腰にクッションがあり衝撃を吸収してくれる。

背負いやすくしっかりとした太いストラップ

重くても食い込んで肩が痛いということはなく、ランドセルのような安定感があった。

両手が開くので鍵をかける時など、いちいち下へ降ろさなくても良い。手作業が必要になるたびに降ろされるより、ペットの不安感が少なくて済みそう。

ファスナーを全開にするとフルオープンに

まる洗いが可能な中敷マットは思いのほか軽いのに、猫がうっかり爪を引っ掻けても破れることもなかったので、耐久性がありそうだ。

確かに手持ちのケージより、緊急時でもスムーズな避難が可能。ペットも慣れたハウスごとの移動なら、ストレスも少なく済む。備えあれば憂いなし、普段から準備しておくことで、大切な家族であるペットを守ることができる。

ただ、ペットがそのハウスを気に入るかは気分次第。おやつをあげる場所にしてみたり、あの手この手で普段から慣らしておこう!

カラーは使いやすいグレー。『コムペット バックパック パエナ』は、オンラインショップなどから購入可能だ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/official images

トラックバック