史上最高ガス圧でガツン、アルコール度数9%もガツン『ウィルキンソン・ハイボール』は喉で味わうべき!

ウィルキンソンRTDシリーズからハイボールが新登場!

ハイボールブームが起きてから、人気の勢いは衰えを知らない。アサヒビールの缶ハイボールは、5年連続2ケタ増で売れ続けていると言うから、その人気の高さが伺える。そんな勢いを追い風に、史上最高のガス圧の無糖強炭酸シリーズである「ウィルキンソンRTD」シリーズから、アルコール度数9%という、パンチの効いた『ウィルキンソン・ハイボール』が新発売された!

無糖強炭酸水の王者と、ニッカウヰスキーの原酒がコラボ!

一度はブランドの名前を聞いたことがあるだろう。ウィルキンソンは、国内はもちろん海外27ヵ所で販売されている、100年を超える伝統の炭酸水ブランドだ。

一目でわかるウィルキンソンの文字

 

「ウィルキンソン タンサン」は、割り物としてだけではなく、炭酸水単体としての人気も高い。無糖の強炭酸水で、元々は酒の割りものだったが、飲料としてペットボトルを販売したことをきっかけに、炭酸飲料水として不動の地位を確立した。強い炭酸と無糖でクリアな味わいは、今もファンの心を掴み売れ続けている。

ニッカウヰスキー×ウィルキンソン

 

『ウィルキンソン・ハイボール 』(1缶350ml・希望小売価格 税抜141円・2019年9月3日発売)は、そのまま飲める缶チューハイ・缶ハイボールの主力ブランドである「ウィルキンソンRTD」のシリーズから新発売された、「ニッカウヰスキーの原酒」「ウィルキンソン タンサン」で割った缶ハイボールだ。

 

缶ハイボール史上最高ガス圧の無糖強炭酸を使用することで、クセのないすっきりとした味わいを実現。更にアルコール度数9%という、ガツンとした飲みごたえが楽しめる。

 

それでは早速飲んでみたい!

 

飲みやすいのにしっかり香る!『ウィルキンソン・ハイボール 』

缶のパッケージは赤と黒。強炭酸のイメージが出ていて、パンチがありそう。

赤と黒の強めカラーが漢っぽい

 

缶を開けると、ウイスキーの香りに混じり、僅かだが柑橘の爽やかな香りがした。レモンスピリッツか、香料の香りだろうか。

 

原材料を、見るとレモンスピリッツの表示

 

一口飲んでみると、炭酸がシュワッと弾け、やや酸味が広がった。その後にウイスキーの香りが鼻を抜ける。クセの少ない香りで、余韻が残っても心地良い。ウイスキー特有の味わいと炭酸のピリピリ感が口に広がり、スッキリしていて舌に残らない。

 

実は記者、普段から無糖の炭酸水を好んで飲む。ウィルキンソンのブランドも口にする機会が多い。炭酸水単体と比べると、割ってある分おとなしい印象ではある。しかし、缶チューハイ・缶ハイボールにしては、炭酸が強いので、確かにのどごしが良い。喉で味わい、鼻で楽しむような感じだ。

 

グラスに注ぐと勢いよく炭酸が弾ける

 

香りのクセは少ない

 

寝酒に良さそう!

 

アルコール度数は9%と高めなので、喉を通るアルコールが熱い。確かに飲みごたえは充分だ。仄かな酸味を感じるので、アルコール度数9%と高めなのに、風呂上がりでも良さそうなさっぱりとした飲み心地だった。

 

ただし飲みやすいぶん、すっと入るので、酒が弱い人には少々注意が必要かもしれない。

 

氷を入れると更に飲みやすい

 

酔いはまわりそうだが、スポーツ後にもサクッと飲めそう

 

『ウィルキンソン・ハイボール 』(500ml缶もあり)は、全国のスーパーやコンビニなど、酒類取り扱い店で発売中だ。

 

あわせて読みたい:
過去最高のガス圧! 炭酸強めで甘くない9%『ウィルキンソン・ハードナイン 無糖ドライ/無糖レモン/無糖ジンジャ』が刺激的すぎる、その理由は?

 

あわせて読みたい:
無糖炭酸ブームの火付け役がさらにビリビリにパワーアップした『ウィルキンソン タンサン ドライ』を投入したのだが…!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック