子育てママの救世主! 抱っこがつらい時は『チュチュ マムリストケアバンド』で手首をがっちりガード!

 

子育てをしていてつらいと思う場面はたくさんある。抱っこもそのひとつだろう。可愛い我が子とはいえ、そのずっしりとした重さに手首が悲鳴を上げることもしばしば。今回はそんな抱っこのつらさを軽減してくれる『チュチュ マムリストケアバンド』という商品があると聞き、さっそくおためし!

 

抱っこ専用手首サポーター『チュチュ マムリストケアバンド』

販売している「チュチュ」は、総合医療品メーカー、ジェクス株式会社(大阪府大阪市)が展開しているベビーケアアイテムブランドだ。哺乳瓶をはじめ、オーラルケアグッズやスキンケアグッズなど子どもの成長に合わせたあらゆる商品を販売している。

そんな「チュチュ」が目を付けたのが、ママが赤ちゃんを抱っこする時の手首のつらさだ。出産後のママはホルモンバランスの影響で関節を痛めやすく、なんと初産のママのおよそ84%もの人が手首を痛めているというデータもある(チュチュ調べ)。そんなお悩みを解決すべく開発されたのが、今回ご紹介する『チュチュ マムリストケアバンド』だ。

 

くるり、ペタッ! でしっかり固定。選べる2種類のタイプ

 

『チュチュ マムリストケアバンド』にはシームレスタイプとハードタイプの2種類がある。

『チュチュ マムリストケアバンド シームレスタイプ』(フリーサイズ・参考価格 税抜1,300円※当社調べ・2019年9月2日発売)は、縫い目がなく肌にフィットするのが特徴だ。

使い方はとっても簡単。まずは、穴に親指を通す。

それから手の甲の上を通して…

手首に巻き付けてペタッと貼るだけ。手首が固定されるように程よく引っ張りながら巻き付けるのがコツだ。(強くしすぎるとうっ血するのでご注意を!)

試しに記者の1歳の息子をいつも通り抱っこしてみたが、これは快適。普段なら手のひらにくる重さをカバーしようと手首に力が入ってしまうが、手首の可動範囲を無理のない程度に制限しながらしっかりサポートしてくれるので抱っこがラクになった。

目立ちにくい色味なので外出先でも気軽に装着できるのが嬉しい。一般的なサポーターの接着素材に使用されているトルエン(刺激性のある物質)を含まないので、肌ざわりが良く赤ちゃんにも優しい仕様だ。記者の息子もサポーターの存在には全く気付いていない様子だった。

一方、もっとしっかりと手首を固定したい! という方には『チュチュ マムリストケアバンド ハードタイプ』(フリーサイズ・参考価格 税抜1,600円※当社調べ・2019年9月2日発売がおすすめだ。

装着の仕方はシームレスタイプと一緒。生地が厚手でしっかりとしているのでさらに固定力抜群だ。試しに装着したまま手首を左右に動かそうとしても、がっちり固定されていてほとんど動かない。

抱っこの時はもちろん、授乳や寝かしつけなど長時間同じ体勢で赤ちゃんを抱っこしなくてはいけない時には、このハードタイプのサポーターが救世主となってくれるだろう。がっちりと安定したホールド感に、記者の息子も安心しきった様子で落ち着いていた。

 

左右兼用・楽々ワンタッチ着用で使いやすい!

 

ママが赤ちゃんを抱っこする頻度は、月齢や子育ての状況、その赤ちゃんの性格によっても人それぞれ。手首をちょっとサポートしたい方はシームレスタイプ、がっちりサポートしてつらい痛さを軽減したい方はハードタイプと、自分に合ったタイプを選んでほしい。ちなみにどちらも左右兼用なので、ひとつあれば十分使いまわせるのも嬉しい。

抱っこはママにとっても赤ちゃんにとっても幸せでかけがえのない時間。両手をかかげて見つめてくる愛おしい我が子を前に、誰も手首の痛さなんかで抱っこを躊躇したくないはずだ。

今回ご紹介した『チュチュ マムリストケアバンド』で、そんな子育てのお悩みをひとつ減らしてみてはいかがだろうか?

『チュチュ マムリストケアバンド』は全国のドラッグストア、量販店、ネットショップなどで購入可能だ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ編集部

おためし新商品ナビ編集部

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック