厚手3枚重ねの幸福感!『ハロープレミアム ソフトパックティシュ』新登場!

 

箱ではない“フィルム包装タイプ”のティシュペーパーに、『ハロープレミアム ソフトパックティシュ』が仲間入り。厚手の紙を3枚重ねた贅沢なティシュは、ふんわりやわらか。そのプレミアムな使い心地を体験してみた!

 

ソフトパックのパイオニアが手掛ける贅沢ティシュ

『ハロープレミアム ソフトパックティシュ』(3枚重ね120組3個パック・オープン価格・2019年4月1日発売※店舗により異なる)を発売したユニバーサル・ペーパー株式会社は、“Hello”ブランドでおなじみの製紙メーカー。日本ではまだほとんど売られていなかったソフトパック(フィルム包装)タイプのティシュを広めたパイオニアだ。

 

パッケージを捨てる際の手軽さや、持ち運びの便利さなどメリットの多いソフトパックタイプのティシュは今、人気上昇中。そんな中、新登場したのが『ハロープレミアム ソフトパックティシュ』である。

特長は、厚手の紙を3枚重ねていること。ふんわりとやわらかな使い心地でありながら、丈夫でやぶれにくく、吸水性も抜群。さらに原材料には自社グループで育てた植林木を使うなど、環境にも配慮したティシュペーパーだ。

 

優しい肌触りに、鼻をかむたび込み上げる幸福感!

『ハロープレミアム ソフトパックティシュ』は、横幅が一般的なティシュの4分の3程度と、ややコンパクト。箱タイプと並べてみるとそのサイズの小ささは一目瞭然で、使い勝手が良さそうなサイズ感だ。

そして、気になる使い心地。引き出そうと、触った瞬間にわかるふんわりとした柔らかさ。そして、透かしてみても反対側の指がほとんど透けないほどの厚みがあり、折ったり、複数枚重ねたりしないと使えない普通のティシュに比べ、とても頼りがいがある。

紙の大きさは、パッケージと同様ふだん使っているティシュの4分の3程度だが、実際使ってみるとこれがちょうどいい。考えてみれば、これまで鼻をかむ際にティシュの全面を使っていたわけではなく、このサイズ感には納得である。

肌にあたる感触もふっくらとして、いつものティシュとはまるで違う…… 鼻をかむたびに贅沢気分が味わえ、不思議と“幸福感”が込み上げてくる。

ローションティシュのようなしっとり感も良いが、このティシュのように「ふんわり包み込むような柔らかさ」もまた捨てがたい。

また吸水性にも優れているということで、テーブルでも使ってみることに。

うっかりこぼしたコップの水などを拭き取るのも、厚みがあるので拭き取りやすいのはもちろん、しっかりと吸水し、しかもボロボロになることもない。

鼻をかむにも、テーブルや水回りで使うにも、使い勝手がとても良い。

 

コンパクトで捨てやすいパッケージは、ソフトパックならでは!

コンパクト&使い心地抜群の『ハロープレミアム ソフトパックティシュ』は、パッケージの処分も簡単で、箱をつぶしたり、取り出し口のフィルムをはがしたりといった手間が省けるのも魅力。

 

使うたび、贅沢気分に浸ることができる次世代のティシュ。購入は全国のドラッグストア、スーパー、ホームセンターなどで。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

トラックバック