新発売!メタルの質感が楽しめる3種類の『ZOOM505 META』。アルミボディと真鍮のリング、万年筆のような書き心地が魅力。

 

1986年の発売以来、太軸のキャップ式水性ボールペンとして根強い人気のある、トンボ鉛筆(東京・北区)の「ZOOM 505」シリーズに、ワンランク上の上質感を纏った『ZOOM505 META』が加わった。3種類の異なる表情の中に、大人が手にして十分に満足感が得られる高級感あふれる新ラインナップである。さっそく手にとって、その質感を確かめてみた。

 

アルミボディに真鍮のセンターリング

万年筆を思わせる軸径14mmの太軸ボディに、心地よい筆記を実現する低重心の重量バランス、さらにしっかりとペンを保持できるラバーグリップは、これまでのZOOM505シリーズと同様に、筆記具としてのポテンシャルの高さを感じさせるもの。しかし、今回発売された『ZOOM505 META』には、それに加え、手にする喜びがある。それはどこから来るのか。

まず3種類ともボディはアルミ製だが、それぞれそのフィニッシュ(仕上げ)が異なっている。フルブラックの2種は、漆黒の光沢を持つ「ポリッシュブラック」と、髪の毛のような細い溝を掘ることで光沢に抑えたマット感のある「ヘアラインブラック」。もう1種のシルバーは、やはりマット感のあるソフトな光沢の「ヘアラインシルバー」である。そして、どれにも軸の中央に真鍮製のブラスリングがアピールする。このメタル感が持つ大人っぽさが、『ZOOM505 META』の魅力である。

上の写真は、右がポリッシュブラック」、左が「ヘアラインブラック」のボディである。同じアルミのボディながら、黒色アルマイト加工を施した漆のような艶をもつ「ポリッシュブラック」と、ヘアライン加工することで墨のような枯れた黒色の「ヘアラインブラック」の違いがわかるだろう。そしてそのボディに合わせ、真鍮製のセンターリングもそれぞれ艶のある塗装と艶消しの塗装で仕上げられている。

一方、シルバーボディの「ヘアラインシルバー」は、アルミを平滑に研磨し、ソフトな高級感を演出するヘアライン加工が施され、そこに光沢の銀メッキのブラスリングが輝いている。

ブラック2種はペン先以外の全てのパーツが黒で統一された「フルブラック」だ。

あなたの好みは、どのカラーだろうか。いずれも、メタルの表情が保有する喜びを実感させてくれる上質なペンである。

 

まるで万年筆のような書き心地!

さて、水彩ボールペン『ZOOM505 META』の魅力としてのフィニッシュ(仕上げ)について紹介してきたが、このペンの大きな魅力の1つは、やはりその書き心地の良さにある。

素早くサラサラとペンを動かしても、インクが途切れること無くきちんと追随してくれる。また、万年筆派の記者は、比較的ペンを寝かせて筆記する癖があるが、この『ZOOM505 META』は、ペンを寝かせて書いても、しっかりと濃く筆記できるのである。まるで万年筆のような書き心地が楽しめる。

もちろん、少しペンを立て気味に筆圧をかけて書くような場面でも、ラバーグリップのおかげで、しっかりとペンを持つことができる。

ペン先はボール径0.5㎜のステンレスチップで、使用されている水性顔料インクは、乾くと水や油ににじみにくく、耐光性に優れるため、公文書等の重要書類への記入にも適している。

筆記具としての性能はもちろん、モノ好きユーザーの満足感を充たすディテールの完成度を持つ、大人の上質感を纏った『ZOOM505 META』は、メーカー希望小売価格税別3000円(税込3240円)

精密な作り込みのメタルの高級感。キャップを着脱するだけで、その感触に感じられる満足感。ビジネス用として、あるいは卒業・入学・就職などの贈り物としても、ワンランク上の格をもつこのペンは喜ばれそうである。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。月刊誌のデスク・編集長等を経て著作家。主に経済系の著書多数。ファイナンシャルプランナー。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年。趣味で家庭教師も行う。山と海と焚き火を愛する。

この記者の記事一覧

トラックバック