ビリビリと刺激的!?『つぶグミ サンダー』新フレーバーのありえないスパークリング感に親子で驚愕!

グミなのに、舌がビリビリとしびれちゃう!? 話題の『つぶグミ サンダー』に、ウメ味ジンジャーエール味が仲間入り。一体、その刺激はいかほどなのか? 「つぶグミ」ファンの子どもと一緒に、食べてみた。

『つぶグミ サンダー』にジンジャーエール&ウメが新登場

春日井製菓(名古屋市西区)の『つぶグミ サンダー』(参考小売価格 税別120円)は、ビリビリとした刺激のあるセンターグミを、甘さ控えめのフルーツ味でコーティングした硬め食感のアソートグミ。

 

2017年12月に発売されたグミ界きっての異端児で、パッケージには「ビリビリ注意! この刺激がクセになる」という、まるでグミのキャッチコピーとは思えない文字が並んでいる。

そんな『つぶグミ サンダー』に、このたび新フレーバー「ジンジャーエール」と「ウメ」が新登場!

今までのフレーバーと比べて、刺激はどうだろう? 味によって刺激の度合いに差はあるのか!? これは食べてみるしかない。

 

刺激の強さに衝撃!でも、気づけばビリビリ感が病みつきに!?

ジップパックになっているのも嬉しいポイント

パッケージを開けると、どことなく感じる刺激的な香り。見た目はカラフルでかわいらしいグミだが、本当にビリビリと攻めてくるのだろうか…?

まずは、新味ジンジャーエールからお試し。一粒口に入れると、いきなり結構辛い!ジンジャーエールというと甘めの炭酸飲料も多いが、コンビニで買えるようなものというより、レストランなどで提供される大人向けの本格的なジンジャーエールに近い。

 

もちろん甘さもあるが、最後に残るのはビリビリとした刺激そのもの。しかも、かなり長い間、口の中にそのビリビリが残り続けている……正直、思った以上の刺激に驚きを隠せない。一方、幼稚園児の息子は“舌を手で仰ぐ”という王道のリアクションを披露!

 

以前『つぶグミ サンダー』を食べたことのある小学生の兄も、「今まで食べた中で、一番シュワシュワするっ!」と興奮気味に語っていた。

切ってみるとこんな感じ

続いて、同じく新フレーバーのウメ味。先ほどのジンジャーエールの件があるので、多少ビビリつつ口に入れると、こちらはウメの香りとともに甘さが広がり、ピリッと刺激がやってきる。

 

甘み、酸味、ピリピリとした刺激が一度にドドッと攻めてくるので、とにかく不思議。この経験は『つぶグミ サンダー』でしかできないことは間違いない!

 

そして、定番ラインナップとなったレモン、グレープ、グレープフルーツは、それぞれ「これこれ!」という、グミらしいしっかりとしたフレーバーと甘さが広がり、後からやってくるピリピリ感。

 

だいぶ『つぶグミ サンダー』に慣れてきたのか、自然と次のグミへと手がのびる。最初は、その刺激の強さに少し戸惑ったのに……これが、パッケージにあった「刺激がクセになる」ということか!

ちなみに、5種の中でもっとも刺激が強いと感じたのは、やはりダントツでジンジャーエール。今までのグミとは思えない辛さの効いたスパークリング感には、大げさでなく本当に驚かされた。

 

もちろん、その他のフレーバーも、このグミでしか味わえないパンチの効いた味わいばかり。いつもと違う『つぶグミ』を楽しみたいという人は、思い切ってチャレンジしてみて!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック