実物大プラモデル「輝星・空式」が秋葉原に降臨! PS4版セガ『ボーダーブレイク』がついにリリース!

今年の1月に、アーケード版から9年の時を経て家庭用ゲーム機・PlayStation 4(PS4)に登場することが発表された『ボーダーブレイク』。リリース日前日となる8月1日には、本作の完成披露会が東京・秋葉原にて行われ、話題を集めた1/1プラモデル プロジェクトの完成した実物大「輝星・空式」もお披露目となった! そんな完成披露会の模様をレポートする。

 

ファンの声援を受けて、基本プレイ無料で家庭用ゲーム機に登場!

セガ・インタラクティブより8月2日にPS4®版がリリースとなる『ボーダーブレイク』。完成披露会は同社代表取締役社長CEO 杉野行雄さんの挨拶よりスタートした。

 

「長かった開発を経て、ようやく完成致しました。ユーザーの皆様から集まった9年分の想いが込められた、会場にあるメッセージボードをぜひ見て頂きたい。基本無料でプレイできるので、明日以降ぜひプレイしてほしい」と語る杉野社長。

 

会場の外には、杉野社長が語ったメッセージボードが掲出。ファンの方から寄せられたメッセージが書き記されており、熱いファンに支持されたタイトルであることが一目で分かるだろう。

 

 

『ボーダーブレイク』のシリーズ プロデューサーを務める青木盛治さんも登壇。

 

「大変お待たせ致しました。明日ついにリリースとなります。9年前から(アーケードで)稼働していたタイトルが、ようやくご家庭で遊べるようになるまで長い道のりでしたが、ファンの皆様のご声援をうけてリリースすることができました」と杉野社長と同じく、ファンへの感謝の意を表した。

 

 

「『BORDER BREAK』 1/1プラモデル プロジェクト」の実物お披露目を前に、公式コスプレイヤーとして主人公ハティの衣装を身にまとったこよみさんと、同じくマーナガルに扮したKANAME★さんが登壇。

 

 

そして、PS4版から本作をプレイしたいと思っているユーザーに向けた公式ハウツー動画「はじめよう!ぼーだーぶれいく」に出演されている、声優の高槻かなこさんと朝日奈丸佳さん、タレントの前島亜美さんもステージに登場した。

 

 

さらに特別ゲストとして、ソニー・インタラクティブエンタテインメント取締役 ジャパンアジアリージョンオフィス プレジデント 盛田厚さんも会場に駆けつけた。

 

2018年7月2日から8日までの間、東京メトロ丸の内線新宿駅メトロプロムナードにてプラモデルのパーツが展示され大きな話題を集めた今回の「『BORDER BREAK』 1/1プラモデル プロジェクト」に関して、「アーケードが稼働した当初から、(本作に登場するロボット)ブラスト・ランナーの実物大を作りたいと思っていた。PS4版のタイミングで実現できないかと1年半前から企画をしてきました。5メートルの高さのロボットを、街中で見れる機会はなかなか無いと思うので、体感して頂ければ」と青木プロデューサーよりコメント。

 

 

会場横にて黒いベールに包まれていたブラスト・ガンナー「輝星・空式」が、カウントダウンののち、ついにお披露目! 駆けつけた報道陣から多くのカメラが向けられた。

 

プラモデルといえど、ディティールにこだわられた塗装やLEDによる発光、ボルト1つ1つをオリジナルパーツとして3Dプリンターにて製作された圧巻の存在感。思わず釘付けになってしまう完成度だった。

 

元々実物大を作ろうと企画するも、よくあるそのままの実物化ではなく、新しいチャレンジがしたいという思いから、コトブキヤとの協力によってプラモデルを製作するというプロジェクトになったとのこと。そのチャレンジスピリットに敬意を表したい。

 

ハウツー動画の撮影秘話も披露!

 

実物大プラモデルお目見えの後は、改めて『ボーダーブレイク』のゲーム概要が紹介された。

 

本作の魅力は、戦場で仲間と連携しつつ10vs10で戦う多人数ハイスピードロボットバトル。機体を自分好みに自由なカスタマイズができることも特徴だ。自らの戦い方にあった機体を乗りこなし、戦場内に設置されたコア破壊を目指すのが基本ルールとなる。スタミナフリーで遊べるのも、やり込みたいゲーマーにとって嬉しいポイントだ。

 

青木プロデューサーからは、「なんといっても武器やカラーのカスタマイズの自由度が高く、自分好みの機体をチューニングして戦場に出ることができます。4つの兵装を戦場に応じて乗り換えて戦うことが出来、基本プレイ無料でPS Plus会員の登録も不要です。PS4がお家にある方は、無料ダウンロードをして味見をしてほしいです」とコメント。

 

 

全6話が公開されている「はじめよう!ぼーだーぶれいく」の撮影秘話も語られた。

 

動画内でコスプレ姿を披露した高槻かなこさんは、「カスタマイズが無限大ということもあり、私もカスタマイズされていました。パンダの着ぐるみも着れて楽しかったです(笑)」と撮影時の思い出を話された。前島亜美さんからは「スナイパーのときの顔は、こだわりのリテイクがありました」と撮影時は和気あいあいとしながらも、本作の魅力を伝えるためのこだわりがあったことを明かした。

 

対して朝日奈丸佳さんからは、「ぐったりした表情は初めての敗北のときで、くやしかったです! リテイクはなく、落ち込み方が上手だねって褒められました(笑)」という感想も。

 

 

「はじめよう!ぼーだーぶれいく」は、YouTube上にて視聴することが可能だ。

 

 

完成披露会の最後には、登壇者からそれぞれ本作を初めてプレイするユーザーに向けてコメントが。

 

前島亜美さんからは、「本作の映像や実際の1/1プラモデルを見て感動しました。(リリースとなる2日の)0時から私もダウンロードして楽しみたいです」とコメント。

 

 

朝日奈丸佳さんは「初めて実物大プラモデルを見ましたが、ロマンあふれる輝星・空式を見て、より没入感を持ってプレイできると思いました。マッチングしたらよろしくお願いします!」と話された。

 

 

高槻かなこさんからは「普通のプラモデルを作るだけでも大変なのに、何百倍もの労力のもと作られた素晴らしい完成度で泣きそうです。私も今夜からはじめるので、一緒に楽しみましょう!」とアピールされた。

 

 

最後に青木プロデューサーより、「ついに明日リリースになります。リリースしてからも、アーケード同様にじっくり遊べるよう運営していきます。今後はファンイベントや大会、コラボなども積極的に展開していく予定です。一緒にファンの方と育てて来られたタイトルなので、PS4版でも一緒に育てていければと思います」と締めのコメント。

 

ダウンロードを含めた基本プレイが無料で楽しめる本作。ぜひ1度自分だけの「輝星・空式」を操り、戦場を駆け巡ってほしい!

 

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

加藤 真大

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック