甘酸っぱいゴマダレと豆板醤の辛味が食欲をそそる! エスニック風まぜ麺『上海辛麺』の実力とは?

 

梅雨明けと同時に連日の猛暑で、「すっかり食欲が落ちてしまった」なんていう人もきっと多いのでは? そんなあなたにぜひオススメしたいのが、食欲をそそるピリ辛の豆板醤と、リンゴ酢のさわやかな酸味&ねりごまのコクが新鮮な、エスニック風まぜ麺『上海辛麺』だ。

麺ごしの強さと風味にこだわって開発されたオリジナルの「きねうち麺」

サンサス商事株式会社(東京都港区)から発売中の『上海辛麺』には、同社が発明・開発した「きねうち麺」という、かんすい不使用のつるつるとした極細麺が使用されている。原材料の小麦粉など、選りすぐりの自然素材を用いることで、麺ごしの強さともっちり感のみならず、風味にもこだわって製造された新しい麺なのだ。

1袋の中に150gの麺が2つと、リンゴ酢の爽やかな酸味と練りゴマのコクが特徴的なスープが2つ入っていて、麺のゆで時間はなんとたったの50秒! まさに熱い夏にうれしい時短調理に打ってつけのアイテムと言えるのだ。

ゆでる前の麺はこんな感じ

「きねうち麺」は大型スーパーマーケットの商品と比べると若干お高めの印象を受けるのだが、一度購入した人のリピーター率の高さは抜群。独特の香ばしい風味とつるっとしたのどごしの良さで、やみつきになる人が続出しているという。

 

スーパーの店頭ではなかなかお目にかかれないので認知度はそれほど高くはないものの、口コミだけで通販の売上を伸ばし続けている、いま話題の麺なのだ。

生麺なのに、常温で長期保存も可能! 時短料理なのに味は本格派。

生麺にもかかわらず、常温で3か月近く日持ちするのも「きねうち麺」の特徴のひとつ。冷蔵庫にいれなくてもOKだから保存場所にも困らず、まとめ買いしても安心だ。

 

というわけで、いざ実食してみることに!

まずは沸騰したたっぷりのお湯の中に麺を入れて茹でる。ここで肝心な茹で時間はというと、なんとたった50秒!

1分も待たずザルで湯切りをし、冷水で洗ってから、水気をしっかり切ってお皿に盛り付ける。冷たい水で引き締めることで、麺がより一層美味しくなるそうだ。

ちなみに、添付のスープを小皿にあけるとこんな感じ。こだわりのスープは合成添加物を使わず、きねうち麺のための”オリジナルな味”に仕上げているとのこと。

あとはお好みで蒸し鶏やトマト、キュウリを盛り付け、先程のスープをかければ出来上がり。

スープはほどよくピリ辛なので、食べる前には見た目を気にせずしっかり混ぜるのがオススメだ。

いざ食べてみると、通常の生麺と比べるとかなり弾力性が高く、ツヤツヤ透き通っているようだ。一般的な冷やし中華の場合、ちょっと時間が経つと麺がくっついてしまうのが難点だが、『上海辛麺』はくっつきにくく感じたので、最後の1本までとても食べやすかった。豆板醤の辛さも効いていて、なにより高級中華料理店の味わいが自宅で簡単に再現できることに驚いた。

『上海辛麺』は1パック2食入りで税込432円。自宅で調理して食べるにしては若干高価な印象だが、ここまでスピーディで本格的な味わいが楽しめるとなると、外食するよりヘルシーでコスパがいい。何より好みの具材でいくらでもアレンジできるのも嬉しい。夏バテに備えて、ぜひストックしてみては?

 

購入はオンラインショップから。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡邊 玲子

渡邊 玲子

好奇心旺盛で新しもの好き。得意ジャンルはエンタメ、ファッション、美味しいもの。東京都在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック