写真を撮ったらモンスターが出現! セガの新感覚ゲーム『パシャ★モン』お披露目会でプレイしてみた

セガゲームスが贈る、まったく新しいスマホゲー!

株式会社セガゲームスが2017年冬に配信予定の新作スマホ向けゲーム『パシャ★モン』。本作は、スマホで撮った写真にちなんだモンスターが出現するという、今までにないゲーム性が話題となっている。11月29日(水)には、東京・秋葉原にてPRタレントお披露目/メディア先行体験会が実施。そこでゲーム好きの記者が実際に『パシャ★モン』を遊んでみた!

『パシャ★モン』PR大使、左から前島亜美さん、たくぽんさん、わーすたの皆さん!

「インスタ映え」ならぬ「モンスター映え」!? 新感覚のゲーム性に注目

『パシャ★モン』のディレクター今井邦彦さん

スマホカメラRPGと銘打たれた『パシャ★モン』のディレクターを担当するセガゲームス の今井邦彦さんが登場。本作の特徴について「スマホのカメラで身の回りの人やモノ、風景を映して、モンスターを生み出せることです。最新のAI技術を駆使して、これまでにない新鮮な遊びを体験できます」と述べられた。

スマホカメラから入手したモンスターをバトルさせるRPG!

「普段よくしている写真を撮るということをゲームに出来たら、とてもユニークでみんなが楽しめるものになるのではないか」というきっかけで作られた『パシャ★モン』。日常の一場面を切り取って、宝探しのように遊べるゲームだという解説がされた。

 

 

『パシャ★モン』は、スマホのカメラで撮影したモンスターを、AIが分析。その被写体の形や色に基づいたモンスターがゲーム中に出現する。過去に撮影した写真からもモンスターを生み出せるほか、撮影して入手したモンスター同士を「交配」させることで、さらなる強力なモンスターを創り出すことも可能だ。

 

集めたモンスターでチームを編成し、簡単操作ながら奥が深いターン性の対戦をすることもできる。リーダーに設定することで強力なスキルを発揮するモンスターがいたり、属性ごとに相性があるなど、組み合わせの戦略を練ることも楽しそうだ。

『パシャ★モン』の基本的な説明が終了したところで、PR大使を務める前島亜美さん、たくぽんさん、わーすたの皆さんが登壇。PR大使として出演した『パシャ★モン』公式PVの撮影秘話が披露された。

2017年3月にSUPER☆GiRLSを卒業した前島亜美さんは終始楽しそう!

前島さん「ロケで実際に街中に出て写真を撮って、すごく楽しかったです」

「Popteenイケメン総選挙1位」「ツイキャス王子」のたくぽんさんも弾ける笑顔!

たくぽんさん「みなさんとは現場で初めましてだったのですが、撮影のときは風が強くて大変でした」

5人組アイドル「わーすた」から廣川奈々聖さん(中)、坂元葉月さん(右)

わーすた「みんなで『パシャモン!』って言って撮っているシーンがあったのですが、陽が落ちる前に撮影しなくてはならず印象に残っています」

撮影は若者の街・原宿で行われたことも明かされ、「インスタ映え」する場所ならではの魅力が見どころだと語られた。「世界をパシャるスマホカメラRPG」というキャッチコピーの本作。PVでは、身近にある人やモノを「パシャる」ことで、ゲーム中にモンスターが出現する様子が、ポップに描かれている。

 

「パシャり」まくりでカオスと化したお披露目会!

撮影でモンスターを生み出すとは? 実際にやってみるのが早いということで、お披露目会はさながら「パシャり」会に!

たくぽんさんが、前島さんを「パシャる」。

わーすたの三品瑠香さんは、慣れた手つきで(?)自撮りを披露。『パシャ★モン』のAIはかなり高い精度で画像を認識し、たとえば怒った顔なら怒り顔のモンスターが登場するのだ! モンスターの数はなんと400種類。

被写体が同じでも、ちょっとした角度によって生まれるモンスターが変化する。わーすたの皆さんも大盛り上がり。明るさや表情によっても認識結果が異なり、うつむき加減で撮影したら「泣いている」などの分析がなされることもあるようだ。

お披露目会の最後に前島さんは、「実際にカメラを使ってみて、出てくるモンスターもかわいくて、ちいさな子でも楽しめると思います。PR大使として、『パシャ★モン』の楽しさを広い世代に伝えていけるよう頑張ります」と今後の活動への意気込みを語った。

たくぽんさんも「PR大使として初めから携わることはなかなかないので、1プレイヤーとして誰よりも『パシャ★モン』を楽しんでがんばっていきます!」とコメントされた。

 

撮ったものをちゃんと認識できるのか? 実際に記者が『パシャ★モン』をプレイ!

物心ついたときからセガのゲームに親しんできた記者も、さっそくプレイをしてみることに。まずは会場に置いてあったちり取りを撮影してみることに。スマホ画面には「スコップ」などかなり惜しいところをついている表示が! ちり取り型モンスターが誕生するのだろうか?

画面に現れたのは、縞模様をしたムキムキなモンスター。ちり取りとは全く違う形状だが、色味は同じ深めの青だった。よくよくスマホの画面を確認してみると、背景の壁の模様と似ているので、それを認識したのでは? という結論に。

今度はなるべく被写体をアップで撮影してみることに。ミニサイズのバスケットボールだが、丸いものは数多くあるので、しっかりボールであると認識してくれることに期待!

そのまんま、バスケットボールのモンスターを生み出すことに成功!

見事バスケットボールの形をしたモンスターが出現! ほかにもいくつか試してみたが、同じ被写体でも撮るアングルが違うだけで出現するモンスターが異なるなど、「パシャ」はなかなかに奥が深かった。思い通りのモンスターが出た時の喜びもあれば、まったく予想だにしなかったものが出現した時の驚きもある。これは年末年始、家族が集まる席でプレイすると盛り上がるだろう。おばあちゃんの顔を撮ったらレアモンスターが出現して、訳も分からず孫に感謝されるという微笑ましい光景が目に浮かんだ。

 

なにが出るか・・・パシャるだけで面白い『パシャ★モン』の世界

『パシャ★モン』に登場するキャラクター、その名も「パシャモン」。ハイテクAIロボながら、いたずら好きでとぼけた性格をしているので、正解を知っていながらわざと違ったモンスターを出現させたりする。憎めないキャラクターだが、実際にゲームをプレイしてみると、このキャラクターの存在が『パシャ★モン』の世界観とゲーム性を体現しているのだと感じた。

サービス開始後のイベント情報も、今井ディレクターから伺った。

「配信される時期的にクリスマスイベントを開催したいと思っています。クリスマスにちなんだモンスターたちが街中に隠れているので、それを探していくという内容になっていまして、プレイヤーの皆さんが集めた数だけ豪華なプレゼントがもらえます。なのでお友だち同士で協力してパシャパシャと楽しんで頂ければと思います」とのこと。

イルミネーションなど華やかになるシーズンに、新たな楽しみ方が加わりそうだ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

加藤 真大

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 竹林省悟

トラックバック