『「うちのタマ知りませんか?」ニャシュマロ』懐かしの猫たちがチョコクリーム入りマシュマロになって新登場!

猫好きにはたまらない数々の猫グッズを販売するフェリシモ猫部の人気商品「ニャシュマロ」に、懐かしの「うちのタマ知りませんか?」バージョンが登場。心とお腹を満たしてくれる「うちのタマ知りませんか?」ニャシュマロについて、2月22日(ニャンニャンニャン)の猫の日を前に詳しく調べてみた!

 

「うちのタマ知りませんか?」、22年ぶりにテレビ放送が復活!!

「うちのタマ知りませんか?」ニャシュマロ タマ&フレンズ6種セット』(通販価格 税別1700円・2016年10月発売)は、22年ぶりに「タマ&フレンズ~うちのタマ知りませんか?~」のテレビ放送がスタートすることをきっかけに誕生した猫型マシュマロ。キャラクターたちの顔を見て「懐かしい~!!」と思わず声を上げた人も多いはず。

 

「うちのタマ知りませんか?」は1983年にデビュー。当時はアニメではなく、「突然いなくなった猫を飼い主が探すポスター」をそのまま商品デザインにするというなんとも斬新なコンセプトだった。その後1988年には雑誌連載開始、1989年にはオリジナル絵本発売、1993年には映画化、そして1994年にはアニメ放送開始と、着実にその知名度を上げてきた。

 

超ド真ん中世代であるアラサー記者にとっては、懐かしくてたまらないキャラクター。かなり個人的な話だが、子ども時代に長年「うちのタマ知りませんか?」の枕を愛用していたこともあり、とにかく懐かしく、愛おしく、胸キュンが止まらない。

 

見た目はもちろん味にも大満足のビッグなマシュマロ!

そんな「うちのタマ知りませんか?」と今回コラボした 「ニャシュマロ」は、マシュマロ専門メーカーで作られるマシュマロをベースに、食用色素で猫の顔をプリント加工して作りあげるフェリシモ猫部の大人気アイテム。

個包装なので、ちょっとしたお礼やお裾分けなどにも便利!

大きさは縦約4.5cm×横約5.5㎝と、通常のマシュマロを比べてかなりのビッグサイズ。ひとつ食べただけでも満足度は抜群だ。

生地には「白ザラメ」とも呼ばれる白双糖(しろざらとう)を使用。砂糖の中でも純度が高いため雑味がなく、すっきりと上品な甘さに仕上がっている。

マシュマロの中にはチョコクリーム入り! “可愛いのに甘すぎない”猫のイメージにぴったりの味だというから洒落が効いている。

「うちのタマ知りませんか?」ニャシュマロ タマ&フレンズ6種セット』は、おなじみのタマと、友達ネコのトラ、ノラ、コマ、モモ、ベーの6匹セット。マシュマロならではのふんわりとしたフォルムが、タマたちのほのぼのとした雰囲気にマッチ。この見た目は、置いてあるだけでも癒やされる。

「うちのタマ知りませんか?」ニャシュマロ タマ&フレンズ6種セット』の他に、タマの表情がかわいい『「うちのタマ知りませんか?」ニャシュマロ タマ6種セット』(通販価格 税別1700円)、『「うちのタマ知りませんか?」ニャシュマロ タマ3種セット』(通販価格 税別1200円)も発売中。

さらに、それぞれ本体価格の一部が「フェリシモの猫基金」として、飼い主のいない猫の里親探しや、野良猫の過剰繁殖防止活動などのために運用される。協力しようと思っても意外に手立てがないものだが、商品を購入するだけで基金に繋がるというのは、とてもありがたいシステムである。

『「うちのタマ知りませんか?」ニャシュマロ』は、フェリシモの通販サイトで手に入る。どれも生産数に限りがあるので、気になる方は早めのゲットがオススメ。タマたちのニャシュマロを片手に懐かしい気分で盛り上がってみては?

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

トラックバック