『午後の紅茶 ハニーレモンスパークリング』1本30kcalの衝撃低カロリーでプーさんパッケージも愛らしい!

紅茶飲料のトップブランドといえば、キリンビバレッジ株式会社「午後の紅茶」シリーズ。ゴゴティーと呼ばれ親しまれているこのブランドは、昨年発売30周年を迎えたロングセラー。その最新フレーバーが『午後の紅茶 ハニーレモンスパークリング』(2015年12月15日発売)だ。 日本初のペットボトル紅茶飲料「午後の紅茶」ブランドは、近年にぎやかなディズニーパッケージで登場。『ハニーレモンスパークリング』は、大人気のくまのプーさんシリーズのキャラクターたちがパッケージを飾る(全4種類)。

IMG_1229

午後の紅茶には、定番のストレートティー、ミルクティー、レモンティーをはじめ、「こだわり素材のアップルティー」「こだわり素材のみかんティー」 「こだわり素材のピーチティー」など様々なフレーバー紅茶が存在するが、2015年10月に発売された「午後の紅茶 アップルティーソーダ」は紅茶なのに炭酸飲料というめずらしい”スパークリング紅茶”として注目を集めた。その第2弾として登場したのがこちらの『ハニーレモンスパークリング』だ。

IMG_1233

こだわりの茶葉に、プーさんの大好物のハチミツをとろり。そして、指定農園レモン果汁(果汁1%)の爽やかな酸味を効かせた、「パーティーシーンにおすすめのフレーバー」というから、2016年を迎えたばかりのおめでたい今にぴったり。

IMG_1235

さっそくキャップを開けると、ハチミツの濃厚な甘い香りをつよく感じる。午後の紅茶は茶葉の味がしっかりとしているので、フレーバーの香りがここまでつよいのは初めてかもしれない。

IMG_1237

グラスに注がれた『ハニーレモンスパークリング』は、気泡がキラキラと輝く黄金のシャンパンのよう。とても華やかなので、なるほどパーティーシーンにぴったりだ。

IMG_1243

ひとくち飲んでみると、意外にハチミツの風味はしつこくなく、レモンと絶秒にバランスがとれていて爽やか。ハチミツ&レモンティーというよりは、甘めのジンジャーエールといった印象で飲みやすい。

 

香りからは想像できないあっさり感で、微炭酸がさらにごくごく飲ませる。冬はもちろん、一年中を通して飲みたい味だった。

IMG_1247

キリンビバレッジ株式会社『午後の紅茶 ハニーレモンスパークリング』は、1本(500ml)税込151円。ハチミツ入り炭酸飲料にも関わらず、そのカロリーは1本全部飲んでも衝撃の30kcal! 年末年始にちょっと太ったかな、と気になる人でもごくごく飲める。期間限定フレーバーだから、なくなる前に今すぐゲットしよう。全国のスーパーやコンビニエンスストアで発売中。

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック