『ファンタ グレープフルーツ』が7年ぶりの復活!ベストフレーバーシリーズ第2弾は、まろやか微炭酸!

もなく日本発売から60年を迎える日本コカ・コーラ株式会社の「ファンタ」には、季節ごとに人気フレーバーを復活させる「ベストフレーバーシリーズ」が存在する。その第2弾となるのが『ファンタ グレープフルーツ』! 懐かしの味をしっかり確かめておこう。

 

ファンタといえば、誰もが飲んだことのあるフルーツフレーバー炭酸飲料。ファンタの語源は、英語のFantasy(空想)とFantastic(すばらしい)に由来する。無果汁なのに、フルーツの香りと雰囲気をしっかり感じることができ、約60年前から定番の「オレンジ」「グレープ」で子供たちの喉を潤してきた。

ファンタグレープフルーツCR5_0857

『ファンタ グレープフルーツ』が初めて世に現れたのは、今から22年前の1993年。優しい甘さとすっきり感、これまでになかった微炭酸でまたたく間に人気フレーバーになった。今回のパッケージは、当時のロゴやデザインを活用したレトロデザインで復活。大人には懐かしさを、子供たちには逆に新鮮なデザインだ。ファンタが展開する「ベストフレーバーシリーズ」の第一弾は年明けに発売された「ストロベリークリームソーダ」で、いちごの香りが強烈でインパクトの強いフレーバーだった。今回は『グレープフルーツ』ということなので、定番に近い安心感がある。

ファンタグレープフルーツCR5_0859

キャップを開けてグラスに注ぐと、少しにごりのある色合い。見た目の色はまさにグレープフルーツをしぼった果汁そのもの。香りはわずかにグレープフルーツ。シュワシュワの気泡が爽快感を醸し出す。

ファンタグレープフルーツCR5_0862

ゴクリとひとくち飲んでみると、ファンタオレンジやグレープに比べるとやや微炭酸でまろやか。グレープフルーツのいい香りが口の中に広がる。甘すぎず、とてもすっきりしている。まろやか&爽やかなので「強烈な炭酸飲料が飲みたい!」とジャンクに走る気持ちは満たせないかもしれないが、これはこれでおいしい。気になるカロリーは1本500mlあたり230kcal。

ファンタグレープフルーツCR5_0863

小さな子供でもゴクゴクいけるので、家族でおでかけや旅行の際にはちょうどいい。また、グレープフルーツが濃すぎず、甘すぎずなので、長時間常温で持ち歩いた後もおいしさはそれほど変わらなかったのでオススメ。

ファンタグレープフルーツIMG_0111

ベストフレーバーシリーズ第2弾『ファンタ グレープフルーツ』は期間限定商品。今だけといわず、ずっと定番で飲めるようにしてほしいと思う。参考価格は1本140円前後。全国のスーパーやコンビニ、駅売店などで発売中。

オススメ度:(良い商品です)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック