サントリー缶チューハイ『-196℃ 巨峰ヌーヴォー』 2014年収穫の巨峰をまるごと使ったというが・・・

2014年に収穫した巨峰を使い、今年もまた発売になったサントリーの缶チューハイ『-196℃ 巨峰ヌーヴォー』

「-196℃」というブランド名は、いまやよく知られることだが、その製法に由来している。世界各地のこだわりの農園で収穫された、安心・安全な果実を、-196℃で瞬間冷凍し、そのまままるごと使用。だから、果汁ではなく、果実のおいしさが際立つ。それがこのブランドの特長なのだ。

さっそく今年の「巨峰ヌーヴォー」を“おためし”してみた。

2

巨峰のチューハイと聞くと、あの巨峰特有の濃厚な色素と、華やかな風味が連想され、グラスに注ぐ瞬間が楽しみだったが、実際注いでみると、まず意外だったのが、色である。透き通るほどに薄い色なのである。

巨峰のような香りは漂ってくるが、「ヌーヴォー」という言葉から想像してしまう「赤ワイン」の色では全くない。まして、巨峰の皮の濃い色でも、この缶にデザインされた色でもない。

まるで透明なサイダーに、ブドウジュースを数滴程度垂らしただけのような、本当に薄い儚い紫色の液体である。

1

香りに誘われてさっそく一口。「甘い!」。それが記者の第一印象である。

原材料を見ると、巨峰にスピリッツ、それに糖類に香料、色素と入っている。このくらいの軽さ、薄さ、甘さは、おそらく缶チューハイユーザーが喜ぶ味わいなのだろう。当然、そうしたマーケティングはしっかりとやって作られている味だろうから、それについてとやかく言う気はないが、記者の好みで言うと、これだけ“薄いブドウジュース”は、好みではない。

3

ちなみに、使用された巨峰の産地は、山梨県の古屋農場。たしかに“日本一”の巨峰が収穫できる山間の農園であることが、農園のHPにも紹介されている。

その古屋農園の2014年収穫の巨峰を-196℃で瞬間冷凍し、それを使って作った浸漬酒を使用したこの『巨峰ヌーヴォー』。アルコール度数は5%である。

4

「さわやか」、「すっきりした後味」といった消費者のレビューも、ネット上では散見されるが、記者のレビューを端的に表現すると、「薄い」、「香りだけ」の、「良くも悪くも缶チューハイ」である。記者には甘すぎて、食事にも合わせられなかった。

サントリー『-196℃ 巨峰ヌーヴォー』は、2007年秋から、毎年、ボージョレ・ヌーボーの時期に合わせて発売。その2014年版。気になる方は、一度おためしあれ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック