『i-UVチェッカー』で美肌計画! i-Phoneアプリ連動で気温・湿度・UV指数をチェックしよう!

さも和らぐ季節だが、紫外線は9月10月も結構な量が降り注いでいるというのは良く知られた話。デジタル便利グッズを使って早めに対策をとりたい。今回ご紹介するデバイスネットの『i-UVチェッカー』は、UV指数(紫外線指数)、湿度、気温をリアルタイムでチェックできるアイテムだ! iUVチェッカーCR4_2539

『i-UVチェッカー』は、以前ご紹介した熱中症危険度をチェックできる「i-熱中症計」の姉妹商品。前述のとおり紫外線量だけでなく湿度計測もできるので、女性の美肌の天敵「乾燥」対策も可能で、秋冬も活躍しそうである。ちなみにどちらも日本気象協会の監修アイテム。

iUVチェッカーCR4_2546

まずは『i-UVチェッカー』の箱を開けてみる。本体は、ピンク色でコロンとした丸い形状。たまごのようなフォルムで、市販の万歩計などよりやや小さめのかわいいサイズ。この本体にUV・気温・湿度を計測するセンサーが搭載されており、手元のi-Phoneへ情報を送ってくれる仕組みだ。付属のコイン形電池を入れると早くもスタンバイOK。他の部品は、バッグなどに取り付けるための着脱式クリップ、ボールチェーン、ハンドストラップが入っている。

iUVチェッカーCR4_2592

クリップの方が見た目がすっきりするのだが、厚手の布バッグだと挟み具合が甘くなり、移動中の落下が気になる。ボールチェーンでバッグの持ち手に取り付けた方が確実と感じた。

iUVチェッカーCR4_2543

それでは、i-Phoneで専用アプリ「ヘルス&ビューティーチェッカー」をダウンロードしてみよう。i-Phone対応機種は、4s/5/5c/5sの4種類。iOS 5.1以降に対応。
まずはapple storeをたち上げ、検索を行う。”ヘルス&ビューティー”を入力し検索すると、正解の「ヘルス&ビューティーチェッカー」と某ドラッグストアのアプリの2つが検索リストに浮上。ダウンロードも使用も無料なので、「ヘルス&ビューティーチェッカー」をダウンロードする。この時、位置情報サービス(Bluetooth)をONにしていないと使用できないので未設定の方はONに。

iUVチェッカーCR4_2577

ダウンロードできると、アプリのアイコンがトップに並ぶ。さっそくアプリを起動。すると「熱中症・風邪チェッカー」と「UV・うるおいチェッカー」の2つからON/OFFを決めるよう聞かれるので、「UV・うるおいチェッカー」をONにする。

iUVチェッカーCR4_2557

その後、画面には「チェッカーを探しています」という文字が。これは、アプリが『i-UVチェッカー』の本体を探している状態。本体を発見し接続に成功すると、初期設定で自分がいる地域や数値を教えてくれる時間間隔などを設定できる。最短で10分おきの自動計測が可能。

iUVチェッカーCRCR4_2574

涼しくなってきたとはいえ、まだまだ熱中症も安心できないし、紫外線はお肌の老化を早める原因にも。しかも曇りでも60%程度の紫外線は降り注いでいるというから油断は禁物。記者が試した日は涼しさの割に午前中でも紫外線が強く、うっかり日焼け止めを塗らずにでかけようとしてしまっていたので未然に日焼けを防ぐことができた! しかも、天気予報とリンクして明日の指数まで予測してくれるからおでかけの予定もたてやすい!

iUVチェッカーCR4_2569

最大48時間まで遡り、浴びた紫外線量をグラフ化して見ることができる。「今日は思ったより浴びすぎたな」という日はケアを念入りにできるし、その日のデータをグラフでチェックするのは、単純に楽しい。

 

電池寿命は、1日4時間使用した場合で約6カ月使用可能。使用頻度は人それぞれだが、これから春まで電池の取り換えなしだと思うとなかなか便利だ。
『i-UVチェッカー』は1台3600円(税抜)で、全国の雑貨ショップ等で発売中。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック