「世界のチョコパイ紀行」第5弾はフィンランドの家庭菓子をイメージした『チョコパイ ブルーベリーヨーグルトパイ味』

リームをサンドしたチョコ菓子の定番チョコパイが30周年記念企画で展開している「世界のチョコパイ紀行」シリーズ。

その第5弾がフィンランドの家庭菓子をイメージした、株式会社ロッテ(東京都新宿区)による『チョコパイ ブルーベリーヨーグルトパイ味』(6個入 オープン価格/想定小売価格・税抜300円 2014年6月24日より期間限定全国発売)である。

IMG_9952

1983年の発売以来つねに半生チョコ菓子の定番として君臨してきた「チョコパイ」。しっとりとしたケーキ生地にバニラクリームをサンド、全体をチョコレートでコーティングするというタイプの菓子の元祖的存在で、30年の長きにわたり定番の位置をキープし続けている。

IMG_9960

そしてその記念すべき30周年企画として昨年から展開されているのが「世界のチョコパイ紀行」シリーズ。
今回スポットを当てたのは、北欧フィンランドの家庭で愛され続けている「ムスティッカピーラッカ」というベリーパイ「ムスティッカピーラッカ」。タルト生地にヨーグルトとブルーベリーを使用したクリームの甘酸っぱさが特徴のケーキだ。

IMG_9963

その菓子を踏襲して、クリーム部分がヨーグルトクリームとブルーベリージャムを混ぜたものになっているので、通常のチョコパイと違い、甘さだけではなく、口に入れた瞬間に爽やかな酸味が拡がるのが特徴。

IMG_9948
香り立つリキュール感と、甘酸っぱいベリーとヨーグルトの風味が合わさって、高級パウンドケーキのような印象まで持つ。

IMG_9944

それをチョコパイ特有のチョココーティングが包み込むことによって、しっかりとした甘みのデザートとして成立するのだ。

真夏の日差しの中、苦み系の豆を中心にブレンドしたアイスコーヒーと一緒にいただくとよりおいしさは際立つだろう。

IMG_9957

もちろんチョコパイ自体も、冷蔵庫で冷やしてから食べる方がコーティングがパリッとして、より爽やかさが際立つのでおすすめだ。

IMG_9966

公式サイト:チョコパイ ブルーベリーヨーグルトパイ味

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック