水分もハッピーもしっかり補給!新しいフレーバーウォーター『なないろwater’s』デビュー!

年、フレーバーウォーターが人気である。アサヒ飲料『なないろwater’s』(ウォーターズ)は、7つの素材を使用した点が新しい。

 

フレーバーウォーターとは、見た目は透明の水だが、飲んでみるとフルーツやミントの味がついているものだ。カフェインは摂りたくない、ジュースは甘すぎるし、かといってミネラルウォーターでは味気ない……というスキマ需要をキャッチしたといわれる。

 

『なないろwater’s』に用いられる7つの素材は、さくらんぼ、いちご、はちみつ、レモン、ミント、アロエ、カモミールだ。

なないろウォーター12354

フレーバーウォーターの定番といえば、りんご、みかん、桃あたりだが、いずれも使用されていない。この組み合わせでどんな味が出るのか、期待が高まる。なないろウォーター12458

飲んでみて率直に、「甘い」。
他のフレーバーウォーターと比べても、かなり甘い部類に入ると感じた。これははちみつの作用だろうか。

 

風味はアロエがメインであり、後味をすっきりさせるのはレモンの甘酸っぱさ、ミントとカモミールの爽やかさである。

なないろウォーター12349

最初に甘さが来るためジュース寄りの印象を受けるが、カロリーは100mlあたり19kcalと、フレーバーウォーターらしくヘルシーなのは間違いない。暑い季節に、ごくごく飲める安心感がある。

なないろウォーター12448

 

 

コンセプトからして女性、OLを狙った商品だと思われる。テレビCMでは俳優・東出昌大(ひがしで まさひろ)がサラリーマン姿で出演。

おためし新商品ナビ編集部の20代女性スタッフもCMを観て「印象に残った」そうだが、今後OL愛飲ドリンクの一角を占めることができるのか、注目である。

 

甘めが好きならおすすめしたい、アサヒ『なないろwater’s』は5月13日から全国で発売中。パッケージは量販店用と自動販売機用の2種類、どちらも500mlで130円(税抜)。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック