今年の“新物”のチェコ産ホップを使った贅沢な発泡酒!限定出荷、SAPPORO『麦とホップ 贅沢初摘み』の爽快さ

年の夏から秋に収穫したホップを使い、11月13日から発売開始となった、このSAPPORO『麦とホップ 贅沢初摘み』は、コメで言うなら新米、ワインならヌーボーといった趣き。

出荷数も限定で、人気が出ればあっという間に売り切れの可能性もある。ビールの味を追求する「麦とホップ」のヌーボーは、果たしてどんなのどごしを味あわせてくれるのか。さっそくためしてみた。

1

「2013年収穫チェコ産ファインアロマホップ使用」と書かれた文字が期待を持たせる。ホップの品種は「ザーツ種」。チェコ西部のホップの名産地として知られる都市ザーツ由来の品種である。

2

プルトップを引くと、溢れ出るホップの香り。グラスに注いでみると、やや濃い目のゴールド色で、泡立ちは良い。さっそく飲んでみると、意外とあっさりしていて、苦味は少なく、麦の風味とホップの香りがフレッシュな感じ。ビール好きには、ちょっと物足りないと感じる向きもあるかもしれないが、誰にでも飲みやすい、美味しい飲み物に仕上がっている。もっと下世話に言うと、ガブガブといくらでも飲めてしまう、癖の無さだ。

3

こういう軽さ、フレッシュな爽快感は、ヌーボーならではのものなのだろう。限定出荷で、すでに発売開始から1ヶ月。そろそろ売り切れ多発の予感のする、バランスの良い喉越しだ。

ビールから発泡酒、そしてこの「第三のビール」。税制から見たジャンル分けではあるが、発泡酒から、第三のビールに進み、お酒としては全くビールではないものの、味わいはビールに迫る、あるいはビールを超えたものになりつつあるように思える。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック